Note

仕事はとりあえず3年を守って得たのは…何もありませんでした。。。【経験談】

どうも、ミニマリストpoteです。

本記事を見つけたあなたは、「よく会社には3年いるべきっていうけど、実際はどうなの?」と気になっているはず。

私自身、新卒で入った会社には3年間勤めていました。

しかし今はその会社からは退職しています。

それはなぜか?

そして3年間勤続してどうだったのか?

そこで本記事では昔からよく言われる「会社にはとりあえず3年いるべき」を実践し、どうだったのかについて、詳しく紹介していきたいと思います。

新卒で入った会社を3年で辞めた私の経験

結論からお伝えすると、私は新卒で入った会社に3年間勤めて、病気になり辞めました。

新卒で入った会社の状況を説明すると、こんな感じに。

・シフト制の会社で残業は当たり前の10時間オーバー
・責任者になると本当に朝から晩まで
・部下の意見は聞かないワンマン

それでは、実際にどうだったのかを詳しく掘り下げていきます。

 

 

身体を壊して病院通いに

仕事を辞める理由にもなった“病気”

病名は付きませんでしたが、症状をまとめるとこの様な状態

・視野にチカチカ光る影が頻繁に現れる(閃輝暗点みたい)
・視野への障害と同時に汗が出るほどの激しい頭痛
・右手、左足に痺れ。ひどい時は寝たきりの状態

脳の血管部分に影が生まれ、油断出来ない状態でもありました。

こんな状態では仕事はもちろん、生活すらまともに送るのが困難でした。

そして3ヶ月の休職期間を経て、退職へ。

車の運転も歩くことも出来ない状態が仕事を辞めてから半年間も続いていました。

まともに身動きできないと当然気分も落ち込みます。

身体的な弊害以外にも精神面でも変調が出始めていました。

 

 

病気”の原因は過剰な仕事

病気の根本の原因はストレスという診断でした。

そのストレスの原因は仕事だったと今でも考えています。

朝7時から職場に行き、23時まで働くというスタイルが週に4日。

役職も中間管理職についていたため、必然的にその様な仕事のスタイルに。

23時まで働けばバスにも乗れず、タクシーで帰るのも度々あるレベル。

お金を稼ぐために仕事をしているのに、その仕事のせいで無駄なお金を使っている負の連鎖になっているのも悩みの種でした。

 

 

辞めた仕事で得たモノは?

それは中間管理職にはなりたくないという教訓のみ。

店長と部下に板挟みの立場は、その職場では給料とは見合っておらず、仕事には楽しみは見出せないでいました。

Pote
Pote
嫌味で言えば、病気を得ることになりましたね。

結論は辛いと感じる、ブラック企業だと感じるのであれば、辞めるのをおすすめします。

 

 

最低半年〜1年間は働かなくていいぐらいの貯金を用意する

私が仕事を辞めて1番辛かったのは、“お金”の問題です。

仕事は辞めても、病院への通院や税金の支払いなど“お金”の問題は付き纏います。

私は仕事を辞めた時には幸い貯金があったので、実家に戻り出費を極力まで減らし生活することができました。

しかしそれでも通院と税金の支払いなどで半年で100万円以上の支払いが払えたのも貯金があったおかげです。

仕事を辞め、貯金がないという新社会人なら実家に帰り“親の世話”になるのもありだと思います。

その期間は充電期間と割り切り、やりたいことを見つけるのもいいと思います。

しかしそれでも貯金を用意するのをおすすめします。

1ヶ月に必要な生活費を把握しているなら、1年分でも良いです。

もし家計簿をつけていないのなら、50〜100万円を目安にすれば、節約さえすれば半年ほどは生活できると思います。

固定費の節約は必須ですが最低50万円ほどあれば、何ヶ月かは生活出来るので、まずはそこを目標にしましょう。

 

 

転職活動の準備をしておく

一般論ですが、会社を辞めてから転職活動を行うのは精神的に辛いです。

仕事をしながらの転職活動は肉体面で大変かもしれませんが、次の職が決まるスピードも早まるのでおすすめします。

いますぐに転職をしなくても、頭に“いつか転職したい”と考えるのなら、、「リクナビNEXT」などの大手リクルートサイトだけでも登録しておく、自分に合った仕事が見つけやすくなります。

 

 

自分の心に従うのが大事

就職するとよく聞くフレーズ

・新卒で1年未満で辞めると転職不利
・3年未満で辞める転職不利
・辞め癖がついて転職が大変

実際はなんとでもなると思っています。

そして上のセリフを言ってくる人は、あなたが辞めると会社の人員が減り、自分に不利益が発生するからです。

決して辞めたいと考えている人のことを思っての発言ではないということ。

実際に私は病気で退職しましたが、次の仕事を無事見つけることが出来ました。

Pote
Pote
今はフリーランスをやってますが笑

普通の退職→転職の流れに比べると、とても不利な状態でしたが、なんとかなったんです。

働きたくない!と感じる会社で働いても自分に身に付くモノはありませんし、何より人生の無駄になっています。

自分に合った職・職場に転職して働いた方が何倍も人生が楽しくなっていきます。

本記事を読んだあなたが、“仕事辞めたい…”と考えているのなら、まずは行動を起こしましょう!

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。