Review

映画『スイス・アーミー・マン』あらすじ&感想(ネタバレ有)死体メニーの意味とは

どうも、poteです。

今回は、珍妙な映画『スイス・アーミー・マン』を紹介したいと思います。

・『スイス・アーミー・マン』のあらすじを知りたい!

・『スイス・アーミー・マン』を観れる動画配信サイトを知りたい!

・『スイス・アーミー・マン』の感想とネタバレを知りたい!

という方におすすめの記事です。それではどうぞ!

映画『スイス・アーミー・マン』作品情報

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.より

【公開】

2016年(アメリカ映画)

【原題】

Swiss Army Man

【監督】

ダニエル・シャイナート

ダニエル・クワン

【キャスト】

ポール・ダノ 代表作「リトル・ミス・サンシャイン」

ダニエル・ラドクリフ 代表作「ハリー・ポッター」シリーズ

メアリー・エリザベス・ウィンステッド 代表作「ダイ・ハード4.0」

映画『スイス・アーミー・マン』あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)は救助が来ないことに絶望し、自殺をしようとしていた。その時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクはその死体からガスが出ていることに気付く。

ハンクがその死体にまたがるとジェットスキーのように発進し、ハンクと死体メニーのサバイバルが始まる。

 

映画『スイス・アーミー・マン』を無料で観られるサービスは?

というわけで、映画『スイス・アーミー・マン』はどこで観られるの?ということですが、以下のサイドで配信されています。

無料体験期間を利用すれば、すぐに無料で観ることができます。

Amazonプライムに行ってみる!

映画『スイス・アーミー・マン』考察

映画.comより

ここからはネタバレになりますので、ご注意を!

冒頭から目を奪われる謎の物体!

無人島に漂流してしまった青年ハンクの前に現れた男。

いつからそこにあったのかは不明だけど、とにかくに“人”がいることが嬉しく、話かけるハンク。

しかしその男はすでに死んでおり、死体からはガスが漏れるおならの様な音がするだけでした。

男が死んでいることに、再度絶望し自殺を試みようとします。すると、男のおならが激しくなり、まるでジェットスキーのように、海を駆け出すことができ、別の島へ漂着するのです。これが不思議な水死体メニーとの出会いになります。

このメニーには沢山の特殊能力があるんです。

メニーの歯はカッターとして髭剃りに。

口からガスを噴射することで、拳銃のように遠くの物を撃ち抜く。

死後硬直した腕を振り下ろせば、斧として丸太を割ることも可能です。

エロ本を見せて反応する部位は、コンパスに。

まるで男が一度憧れる十徳ナイフのような便利な道具。

そこには、男の憧れとしてハンクの男としての理想像が反映されているのではないかと感じる。

 

メニーは一体なんだったのか?

ここは本作1番の論点なので、ご注意を。

ハンクのスマホに保存されている女性、サラ。

この女性がハンクの彼女と思わせながらも、実はバスで一目惚れした女性の写真。

ハンクはその女性に声をかける事ができなかった事に、自身の積極性&コミニュケーション能力の低さに辟易していました。

そんな自分に失望している時に出会ったメニーは、さらけ出した素の自分自身として捉える事ができます。

無人島で一人となり、死にたくない。生きたいというハンクを励ますようにメニーは、素直な言葉ばかりをハンクに投げかけているのです。

そもそも死体が喋ったりするわけもなく、自己主張することなんてありえません。

ではなぜハンクはメニーと言葉を交わせられたのか

この部分がもう一人の自分と考える理由の1つになります。

作中でもハンク以外の人との会話はありません。

それは自身の内面での会話に過ぎないから。

現実の自分と隠してる自分との会話だからこそ、本音をさらけ出し悩みや欲望を解放をしていたのではないだろうか。

 

映画『スイス・アーミー・マン』感想と評価

シネマトゥデイより

ラストシーンの再びジェットスキーになったメニー。

そんな不思議な物体を見送る人々の顔は、映画を観ている視聴者とシンクロしています。

今作は終始不思議な雰囲気に満ち溢れている。

不思議な死体であるメニーに関しての説明などはなく、理解できる作品を求める人にとっては耐えがたい時間になってしまう可能性もあります。

考察なんかも、観る人によって捉え方がかなり変化する作品だと思います。

Pote
Pote
作品の感想は、人の数だけあると思ってます。

そんな視聴者を選ぶ作品ですが、メニー役のダニエル・ラドクリフ。

『ハリー・ポッター』で有名ですよね。

あまりにも有名作が代表作になってしまうと、キャラが抜けない!なんてことになりがちですが、メニーにはそんな雰囲気は全くありません!

喋ったり様々な機能がある死体メニーですが、まるで生きている人間のような印象を醸し出しているダニエル・ラドクリフの演技は必見です。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。