Review

【財布いらず】SHINJIMORU SINJI POUCH FLAP レビュー【ミニマリスト】

どうも、ミニマリストpoteです。

今回はミニマリストが財布を持たなくて良い様になった便利アイテムを紹介します!

Pote
Pote
皆さんが持っているアレをより便利にするアイテム

スマホとクレジットカードを一緒に持ち歩きたいけど、手帳型ケースは嫌だ!という方におすすめ!

 

SINJI POUCH FLAPのメリット

1.手帳型とは違い、極薄サイズ
2.カードなら5枚まで収納可能
3.飛び出し防止のフラップ付きで安心

1.手帳型とは違い、極薄サイズ

1番の魅力は、超極薄(0.3mm)のカードケースという点です!

一般的なカードを収納できる手帳型のスマホケースは、横に見開きになる設計が基本となっているため、ケースとしては厚さがどうしても生まれてしまいます。

その点このカードケースは既存のスマホケースに貼り付けるタイプなので、カードケース自体は余分な厚さを持ってはいません。

そして貼り付ける面も当然背面なので、スマホを使う時でも手帳型のフラップを開ける動作は必要ありません。

Pote
Pote
手帳型の面倒なところってこのフラップが原因な気がする

なので実際にケースに貼り付けてみた状態はこんな感じです。

私はスマホの元来の厚さとほぼ変わらないケースを着けていますが、何も収納していない状態でこの厚さ。

公式での厚さは0.3mm。ケースの形状を崩すことがないので、ミニマル思考には嬉しい設計になっています。

 

裏面はこんな感じになります

3M製の両面テープで固定されるので、安心して使っていけます。

2.カードなら5枚まで収納可能

こんな薄いカードケースでもカードなら5枚まで収納可能です。

カード5枚となったらキャッシュレス決済が普及し始めている今なら、十分だと思います。

私は運転免許証とクレジットカードの2枚だけ。

実際には5枚入れるとするならば、以下の通りです。

1.運転免許証
2.保険証
3.クレジットカード(JCB)
4.クレジットカード(VISA)
5.デビットカード

社員証が必要な方などは、クレジットカードを1枚と入れ替えても良いですね。

普段使いなら問題にならない位に収納できるんです。

実際に1週間財布を持ち歩かずに、これで生活していても不便なことはありませんでした!

3.飛び出し防止のフラップ付きで安心

こういったカードを収納するケースで心配なのは、カードが落ちてしまうこと。

Pote
Pote
昔のケースでカードを落とした経験者は語る

しかしこの製品には、カードの飛び出し防止としてフラップが付いています。

 

このフラップがカードを収納しているポケット部分に差し込む形になります。

そうすることでカードの不意の飛び出しを防いでくれます。

Pote
Pote
ついでにカードの重要情報も隠してくれる目隠し的要素も◎

 

SINJI POUCH FLAPのデメリット

1.生地の消耗具合が気になる
2.カードの出し入れが少し手間
3.ケースの縁にホコリが溜まりやすい

生地の消耗具合が気になる

私は現在カード2枚と札を1枚折りたたんで入れて1週間経過(2019/12/23)した状態なのだが、ポケットの生地がその厚さに馴染んだのか少し伸びてしまった。

これがカードの枚数を5枚→3枚に減らすとポケットに余裕が出来てしまい、少し不安になる材料になるかもしれません。

 

そしてカードを収納しているのは布地になるので、摩耗による消耗は避けられない。

手帳型ケースで使われている革製に比べると、買い替えのサイクルは短くなってしまうと思う。

実際にAmazonでのレビューでは1〜2年で毛玉ができたので買い替えたというコメントも見受けられた。

しかし販売価格は780〜980円(2019/12/23現在)。黒だけ780円!

買い替えが起きても大きな出費とはならない。

Pote
Pote
この値段で1年使えれば元は取れてると思うけどね

 

カードの出し入れが少し手間

メリットに書いた「飛び出し防止のフラップ」。これは有難い反面、使いにくさを感じる要因にもなっている。

このフラップがカードを飛び出させない為の“蓋”の役割をに成っているのだが、それがカードを出す時には邪魔と感じてしまう部分もある。

実際にカードを出す場合には両手を使って本体とフラップ部分も握り開ける形になるのだが、どうしてもスムーズとは言いにくい部分がある。

上の画像の様に、指で押し出してあげるとフラップが浮き出てくるので出しやすくなります。

実際に1週間使ってみて

このカードケースを実際に使ってみて、率直な感想は買って良かったです!

財布を持ち歩かなくて済むので、荷物なんてスマホと鍵だけ。

より身軽に出歩けるのですごく楽です!

特にこのケースにして良かったと思った場面は、ジムに行く時ですね。

今までは財布という貴重品を意識して有料ロッカーに入れていました。

しかしこのケースを使う様になってからは、スマホと一体化したので常に持ち歩いているので心配事がなくなりました。

Pote
Pote
だってずっとスマホの背面に入っている訳ですからね。

 

そして普段からキャッシュレス決済を意識している私は、ケースにカード2枚とお札1枚を収納していますが、これで困る事はないですね。

私1人で行動している時は、キャッシュレス決済対応のお店にしか利用しないので金額や決済方法によってケースに忍ばせているカードを使うという感じで問題なし!

もし現金を使ってお釣りで小銭が発生したとしても、家に帰るまでならポケットに入れておけば問題ありません。

元々ミニマルな財布を使っていたので、その時と小銭の対処法は変わっていないんです。

なので変わったのは、財布が無くなりスマホ1個に集約されたという点のみ!

 

手帳型のスマホケースが便利なのは分かっているけど、苦手という方にはオススメのカードケースです!

値段も安いので試してみてはいかがでしょうか?

※iPhone7以降の一部機種の様に背面がガラスコーティングされている場合は、ケース必須です。本体に直張りは公式からも「貼りにくい」とアナウンスがあります。スマホ裸派の方はご注意ください!

 

以上、お読みいただきありがとうございました。