Minimalist

ネタ探しに困っているならMYログを作ろう!

どうも、ミニマリストpoteです。

最近ブログやTwitterの投稿ネタをどうやって探してるんですかと、聞かれることが多かったので、私のネタのストック術を紹介していきたいと思います!

 

Myログで自分の知識のストックを記録

私の趣味は読書と映画鑑賞。

そんな私が鑑賞した映画や読破した書籍の感想や名言などを記録しています。

その理由は、映画や書籍から得たモノを自分の中に蓄積していきたいから。

こういった発信活動をしていると、何が発信のネタになるかわかりません。

そういったネタを逃さないという目的で、書籍&映画の感想ログを残す様にしています。

ヒヨコ君
ヒヨコ君
芸人さんがネタ帳を作るのと同じだね
Pote
Pote
作っておいて時間が経ったら「このネタ面白いかも」って思うかもしれないからね

書籍であれば文中の名言などの自分に響いたワードや、単純に書籍の感想もネタになります。

映画でも劇中の名言と感想はブログネタやTwitterのツイートネタになっています。

書籍、漫画、映画なら「2019年おすすめ漫画ベスト5」や「〇〇監督おすすめ映画」など複数のコンテンツを組み合わせて、1つのネタにも出来ます。

もちろん特に好きな1作品の熱い気持ちを感想としても立派な1つの発信活動です。

 

 

MyログはEvernoteで管理

Evernoteはベーシックプラン

私は自身のログを残す時には、Evernoteを使って管理しています。

Evernoteの登録プランは、ベーシックプランを選択しています。

ベーシックプランの内容は以下の通り。

・同期可能端末は2台まで
・1ヶ月のアップロード容量は60MB

Evernote唯一の無料プランですが画像を挿入したメモの保存は可能なので、私の様な文章やメモ程度の用途ならベーシックプランでも十分だと思います。

有料版のプレミアムもありますが、比較と特典内容は以下の通りです。

自分自身の文章を残すのが目的なら、正直プレミアムは必要ないと思います。

 

私の使い方はこんな感じ

私がEvernoteで記録している内容は、以下の通り。

・書籍(小説や新書など)
・コミック(完結作品のみ)
・映画

構成は、文章と作品のメインビジュアルの画像1枚が基本。

この画像の文章上部には、作品のストーリーなどを書いたりする場合もあります。

本の場合のみ、参考にしたいグラフや図のみ追加で挿入している。

この使い方で1ヶ月に必要な容量は上限の60MBを超えたことはありません。

音声データを扱わない限りは、そうそう超えることはないでしょう。

 

自分自身の体験はネタになる

ブログやYouTubeといった発信活動を行なっている人は、今や多く存在する。

しかし始める人が多い一方で、辞める人も多いのも事実。

そんな人の理由は、時間が無いorお金が稼げないorネタが無いなど。

このネタが無いという人は、普段からネタを探そうとしていないという人がほとんどです。

だったら、自分が趣味で楽しんでいるモノだけでもログを残していきましょう!

楽しんでいるモノなら、きっと感想などもどんどん出てくるはずです。

発信活動のネタに困ってる人は普段からログを残す様に気にかけてみましょう!

それだけでネタのストックも増えますし、ネタを探す力も身に付いていきます。

どんどん自身の体験をネタにしていきましょう!

 

以上、お読みいただきありがとうございました。