Minimalist

朝活に「朝シャワー」を取り入れるメリット5選!

どうも、poteです。

お風呂というと、基本は夜に行う生活習慣だと思います。

仕事や学校から帰ってきて、1日の疲れを洗い流す。

こういったイメージで“夜”だけお風呂に入っているという人が1番多いのではないでしょうか。

私もそうでした。

しかし今は“朝”と“夜”の両方タイプになりました。

正確には“朝”には「朝シャワー」を、“夜”には「お風呂」のスタイルになっています。

それではなぜ「朝シャワー」を生活に取り入れたのか。

「朝シャワー」を生活に取り入れるメリットを紹介していきます。

 

お湯のみの朝シャワーのメリット

私の入浴スタイルは、

  • 朝はお湯のみのシャワー
  • 夜は石鹸を使い、お風呂

というスタイルです。

 

朝の目覚めがスッキリする

冬の時期は特にそうですけど、朝って眠気が強敵ですよね。

その眠気に打ち勝つのにシンプルな方法は、熱いシャワーを浴びること。

熱いシャワーを浴びることで、交感神経が刺激され、身体全体が「これから動くぞ!」ってモードに入ります。

結果、眠気に打ち勝ち、身体もやる気スイッチが入って最高な1日のスタートを切れるわけです。

 

血行促進効果を得られる

熱いシャワーを朝一から浴びることで、全身が刺激され、血行の巡りが良くなります。

血行が促進されると、むくみの軽減や代謝が良くなり、朝からの消費カロリーも増えるので、ダイエット効果が得られるというメリットもあります。

 

寝癖を直せる

朝の準備の面で、1番ありがたく感じるのは、この寝癖直し。

どんなにはちゃめちゃな寝癖になっていても、朝シャワーを浴びれば、一発で直ります。

男性の場合、寝癖直しと言えば、寝癖直し用のスプレー使い、ドライヤーとくしで直します。

しかしそれよりも圧倒的に楽なので、私は朝シャワースタイルを採用しています。

実際、朝シャワースタイルに切り替えてからは、寝癖直しスプレーとくしを手放すことに成功!

 

ヘアスタイルを作りやすい

朝シャワーでの髪に関連のメリットで2つ目は、ヘアスタイルを作りやすいということ。

ヘアスタイルを作る時にベース剤を使う場合は、タオルドライ状態からスタートになることが多いです。

タオルで水分を拭き取った後に、ベース材またはトリートメントをつけてからヘアワックスを使うことで、イメージ通りのスタイルが作りやすくなります。

なかなかヘアスタイルが維持できない人は、1度試してみては?

 

寝汗を洗い流し&体臭予防

人間は、寝ている時も汗をかいてしまう生き物です。

寝ている間にコップ1杯分の汗をかいているなんてという話は有名ですよね。

そしてそれが当然体臭の原因の1つです。

朝シャワーを浴びれば、こうした汗や皮脂汚れも洗い流すことができます。

体臭は周りの人にも影響する要素なので、少しでも気にする年齢ならおすすめです!

お湯だけ”だから過剰に洗いすぎない!

夜にしっかりシャンプーなどで洗っている私は、朝シャワー時には石鹸の類は一切使いません。

それは、朝にも石鹸類を使ってしまうと、身体に必要な皮脂なども洗い流してしまうからです。

頭皮には紫外線を防ぐために、皮脂が膜の役割を担っていたりしますが、シャンプーを使ってしまうと必要以上に洗い落としてしまいます。

そうすると、髪の艶感が失われたり、フケが出たりと悪影響がでてしまうことに。

こうした髪の毛トラブルを避けるためにも、石鹸類は朝シャワーには使わず、お湯だのスタイルにするのがおすすめです!

 

朝シャワーはメリット多し!朝活にも繋げられるきっかけに!

朝シャワーは朝の時間を有効活用したいと考えている人には、有効な手段です。

私は既に習慣化しているので、朝一に自重トレーニングをして、汗を流すという目的も一緒に朝シャワーを生活に取り入れています。

朝活でブログを書いたり、読書したり、筋トレしたりとやりたいことがある人は、朝シャワーで目を覚ましてしてから始めるというルーティーンをおすすめします!

 

以上、お読みいただきありがとうございました。