Review

【アラサー1人暮らし】洋画好きがU-NEXT有料会員を1ヶ月使った感想

どうも、poteです。

テレビを持たないミニマリストの心強いサブスクリプション(以下、サブスク)系動画サイト。

国内最大級の規模で映画・ドラマ・アニメなどを配信しているサービスとして有名な「U-NEXT」。

U-NEXTの有料会員を1ヶ月実際に使ってみての感想を紹介していきます。

動画配信サービスの契約を検討しているなら、是非参考にしてみて下さい。

 

U-NEXTとは?

U-NEXTは国内最大規模の動画配信サービス。

2020年5月時点で配信されている動画数は180,000本以上。

ジャンルは洋画・邦画・海外ドラマ・国内ドラマ・韓流ドラマ・アニメ・バラエティ・キッズ向けなど幅広いジャンルになっています。

基本料金は月額1,990円(税別)と他の動画配信サービスに比べると割高な値段設定。

しかし他サービスにはない充実なコンテンツを考えれば納得の価格です。

また、初回登録時は31日間は無料体験ができるようになっています。

初回登録でも有料コンテンツを視聴するために必要なポイントが貰えるので、一通りの使い方を体験できるんです。



Pote
Pote
無料期間中に解約すれば、一切お金はかかりません!

動画コンテンツは、2種類。

「見放題(基本料金のみ)「レンタル(追加課金が必要)」。

この見放題の動画がだけでも、140,000本あり、基本料金でも十分楽しめます。

加えて有料会員には、毎月U-NEXT内で使える1,200円相当のポイントが付与されます。

なので実質1,990-1,200=790円(税別)!

新作を楽しみたい方は、このポイントで毎月数本新作を楽しめるので、見放題+αで楽しめます。

 

U-NEXTを実際に使ってみた感想

率直な感想を5つ紹介していきます。

未知なる作品に出会える「特集」コンテンツ

U-NEXTには、独自に作られた「特集」というコンテンツに魅力を感じました。

視聴したい作品を一通り視聴した後って、「次、何の作品を観よう?」ってなりませんか?

そこで役に立つのがU-NEXTの「特集」なんです。

様々な切り口で組まれた特集があり、作品名を知らないても、興味を持ちそうな作品を新規開拓しやすいようになっています。

この「特集」も定期的に作り直され、正直興味のある「特集」がありすぎて、鑑賞スピードが追いつかないぐらいです。

参考に現在(2020/5/16)の「特集」コンテンツの一例を。

様々な要素での「特集」が用意されています。

実際に私も子供の時に、予告映像で興味を持った作品にも出会えたりと、意外な作品に出会えるので、少し感動したぐらいです。

 

動画だけじゃもったいない!雑誌も無料で読める!

U-NEXTは動画配信だけではありません。

メインは間違いなく動画配信ですが、実はU-NEXTの会員になれば、電子書籍も利用することができます。

雑誌や一部の漫画も同一のアカウントで楽しめるんです。

書店にある全ての雑誌を楽しめるというわけではありませんが、それでもそれなりの量が用意されています。

漫画や小説も提供はされています。

しかし基本はポイントを使っての有料コンテンツです。

ポイントの使い道に困ったときは、気になる小説を読んでみるのも面白いですよ。

私はもっぱら「ファッション」「アウトドア」「スポーツ」などの雑誌を読んで楽しんでいます。

 

貯まったポイントで映画館の最新作を楽しもう!

案外見落としがちな機能として、ポイントの使い道。

実は貯まったポイントはサービス提携している映画館で使える割引クーポン、または映画1本分のチケットとして引き換えることができるんです。

2020/5/19現在の提携映画館

ポイントは1ポイント=1円換算。

例えば映画1本分だと、1,500ポイントで交換できます。

毎月1日に1,200ポイントが貰えると考えると、U-NEXTの有料コンテンツ1本しか観なかった月は、翌月には映画館で上映中の最新作が観れる計算になります。

割引クーポン・映画チケットへの交換はスマホorパソコンで可能になっています。

なので出先でふらっと映画館に行こうかなって時でも大丈夫です。

クーポンやチケットには有効期限があるので、注意は必要ですが…

 

「見放題とレンタル」の見分けが見にくい

U-NEXTの特徴である「見放題とレンタル」ですが、これが見にくいんですよ。

一応ソートは用意されているのですが、特集や目につく作品は有料コンテンツということも。

Pote
Pote
観ようと思ったら、有料作品だったなんてことが多々…

有料作品の見分け方として、サムネイル画像の右上に水色の「P」の文字の有無でわかる様になっています。

しかしすっごく小さい!

これは本当に改善してほしいポイントです。

 

有料コンテンツのセールがない

せっかく毎月ポイントが貰えるのに、有料コンテンツのセールがないんです。

U-NEXTには見放題作品が多くても、全ての作品が見放題というわけではありません。

過去の名作や話題作を含んだ「特集」はあるのに、そこには「セール」というカテゴリーがないんです。

有名な「Amazonプライムビデオ」には頻繁に同様の有料レンタル作品のセールが行われています。

値段は199円から。

一方U-NEXTの有料レンタル作品は330円から。

どうしても高いと感じる価格設定だ。

せっかく数多くの「特集」を用意しているのだから、「セール」も用意してほしいと思う。

 

まとめ

U-NEXTの概要と、使ってみた感想を紹介してみました。

最後に要点をまとめてみると、

・U-NEXTは18万本の動画コンテンツが楽しめる動画配信サービス。

・料金は月額1,990円(税抜)。毎月1,200円相当のポイントがもらえる。

・動画だけでなく、映画館でも使えるサービスの広さ。

・動画だけではなく、雑誌の最新号の読み放題サービスも使える。

今回1ヶ月使ってみての感想は「コアな作品も配信されていて、映画好きには満足なサービス」ということ。

さすが配信数No.1ということもあり、他のサービスでは配信されていない作品に出会えるのが嬉しいポイントです。

ネックになるのは、月額料金が他より高めということではないでしょうか。

1人で1,990円だと、映画鑑賞が趣味などではないと割高感を感じると思います。

映画やドラマな度をよく観る方は、是非一度31日間の無料会員になってみてはいかがでしょうか?



以上、お読みいただきありがとうございました。