Minimalist

バスタオルを卒業!ミニマリストおすすめはフェイスタオルで決まり!

どうも、Poteです。

ミニマリストネタでよくある「バスタオル」問題。

私はバスタオルから卒業して既に1年が経ちます。

それまでの遍歴も含めて紹介します。

バスタオル混雑問題

きっかけは私と彼女のバスタオルを洗濯した時です。

洗濯機自体が小さいのでバスタオルは1~2日に1回洗濯をしていました。

しかしたまに3〜4枚のバスタオルが1度に洗濯されると、

サンルームがバスタオルだけで埋まってしまうのです。

洗濯する度にバスタオルのことを気にかけるのが「面倒」に

感じる様になっていました。

そこから脱バスタオルを目指す様になります。

 

手ぬぐいは生地が硬く痛いには我慢出来ない

まず私がバスタオルから乗り換えたのは「手ぬぐい」です。

100円ショップにも販売しており、薄いし早く乾くのでこれが正解だ!と思い使い始めました。

最初は良かったんですよ。。。

お風呂から上がったら使って、そのまま手洗いして干せばすぐ乾いくので、嫌な匂いもしませんでした。

しかし2週間ぐらいで背中や腕に吹き出物が出来始めたのです。

食生活などは変化していなかったので、元々肌が弱い私は手ぬぐいの生地が合わなかったのです。

どうしても手ぬぐいの素材は、木綿。記事の質感は固めなので、水を拭き取る時には身体が真っ赤になるなんてこともありました。

そして、手ぬぐいはどうしても薄いので身体を拭き終わるまでに何回も絞って水分を絞り落とすのも結構面倒でした。

手ぬぐいは布地が透けるぐらい薄いでの、一拭きしただけで結構ビショビショになってしまいますからね。

特に冬場は脱衣所が寒い中で手ぬぐいを絞って身体を拭くという作業は厳しかったです。拭いている間に身体が冷めてしまうなんてザラでした。

手ぬぐい生活は冬季の1ヶ月ぐらいしかしませんでしたが、デメリットが多すぎると感じ、断念しました。

 

フェイスタオルはバスタオルの代わりになる!【メリット】

そして手ぬぐいの次にチャレンジしたのが、フェイスタオル!

手ぬぐいとは違い、タオル生地なので肌を痛める心配はない。

そしてバスタオルよりもサイズがコンパクトとと、今まで使ってきたアイテムの弱点を克服しているのがフェイスタオルです。

 

洗濯がしやすい!

まず問題の原点だった洗濯が大変問題

これはサイズダウンしたことによって、解決しました!

バスタオルの時は物干し竿や手すりにかけて干していたのが、ピンチハンガーで他のハンカチとかと同じ様に干せる様になったのは楽です。

 

生乾きにならず、乾きやすい

バスタオルよりも生地が薄いので、乾きやすいです。

朝洗濯すれば、部屋干しでも夜には使えるぐらい乾きやすいです。

しかし、手ぬぐい程薄くはないので手洗いだけでは異臭がするかもしれないので洗濯機を使用しています。

 

フェイスタオルはバスタオルよりも安いので節約に!

私が使っているフェイスタオルは100円ショップで購入したものです。

3枚をローテーションで使っているので、300円です。

どんなバスタオルでも半年使っていくと生地が痛みゴワついてきます。

もちろんフェイスタオルも痛みますが、安価なので複数枚買ってもバスタオルよりも安上がりです。

衛生面や使い心地を考慮して半年に1回は、買い換えています。3枚で300円ですからね。安いモノです笑

 

旅行先でもフェイスタオルで十分になる

思わぬメリットだったのが、旅行先でのタオル問題で困らなくなりました。

温泉施設ではバスタオルのレンタルがありますが、それよりも値段が安いフェイスタオルを私はレンタルします。

普段からフェイスタオルで生活しているので、何も問題はありません。

もしレンタルしていなくても、スーパーやコンビニでもフェイスタオルは販売されているので準備もそんなに大変ではありません。

流石にコンビニにバスタオルは売ってないですからね笑

夏場であれば、1箇所目の温泉で手洗いしたフェイスタオルを車内で干せば、大体乾くので、1枚で事足りるというのも、荷物を減らしたいミニマリストにとっては嬉しいポイントです。

 

フェイスタオルサイズは何かと手に入る機会が多い

フェイスタオルのサイズは34㎝×85㎝。近しいサイズのタオルとしてのスポーツタオルは40㎝×110㎝。

このサイズ帯のタオルって旅行のお土産だったり、ライブグッズだったりと多くの場所で見かけることがあります。

テーマパークなのであまりグッズ類を買わない様にしている私も、場の雰囲気によっては購入したりします。その際にはなるべくタオル類を選ぶ様にしています。

お風呂や旅行、スポーツと使える場が多いですし、デザインが多少派手でも気にならないですからね。これがTシャツとかだと、年齢や性別を気にしなきゃいけないこともありますから笑

フェイスタオルを使ってイマイチな点【デメリット】

髪が長いとびしょびしょになる

これは単純に髪量の問題ですが、髪が長いとその分水分が付着している量も多くなるので、タオルがびしょびしょになってしまいます。

結果髪が乾きにくくなってしまいます。

これは男性である私は問題ないのですが、女性にとっては難しいかもしれませんね。

私はこれからもフェイスタオルを使い続けます!

子供時代からお風呂=バスタオルという固定概念が植え付けられていましたが、今回の様なきっかけからより自分にあった快適な環境を作ることに成功しました。

 

その過程の中で、お金を無駄にしている人という指摘も出るかもしれませんが、

私は今の環境を作る必要経費だと思っています。

実際に経験してみない事には、自分に合うか合わないかを判断出来ないですからね。逆にモノに対して疑問を持っているのにも関わらず、使い続けることの方が勿体ないです。

自分の生活を改善出来るチャンスなんですから。。。

もしバスタオルがボロボロで買い替えを考えている人やバスタオル問題を抱えている人は、1度フェイスタオルを試してみてはどうでしょうか?

 

以上、お読みいただきありがとうございました。