OTHER-雑記-

元ヘビースモーカーがタバコをやめた理由

どうも、ミニマリストpoteです。

皆さんはタバコ吸ってますか?

私は”今”は吸っていません。

“今”はとなっているという事は、”昔”は吸っていました。

それも結構なヘビースモーカー。

消費税増税もスタートし、出費を減らしたい人やタバコ自体を辞めたいという人に向けて、元喫煙者が方法とメリットを紹介します。

・タバコを辞めたい人
・健康を気にし始めている人
・節約を考えている人

 

タバコで得られるモノは幻想ばかり

タバコを吸い始めたのは、大学生の時。

それは大学の先輩に「タバコ吸えた方が会社の人とも仲良くなれるから」と言われたのがきっかけでした。

 

タバコで繋がる交友は薄っぺらい

学生時代によく聞く台詞「タバコ吸うと社会人の時に交友関係広がるから吸っとけ」

これは一応当たってはいます。

現在喫煙者は迫害じみた追い込まれを受けていますが、その先の喫煙所での交流はあります。

そこでの交流で交友関係は広がります。

でもとてつもなく薄っぺらい交友関係に過ぎません。

自分の健康を害してまで手に入れるモノではありません。

 

カッコ良さなんて微塵もない

『タバコあるある』

タバコを吸う男ってカッコよく見える(自分がなれるとは限らない)

映画でカッコよくタバコを吸っている俳優たちに憧れる時期はあるものです。

Pote
Pote
現実はそうはいきません

実際は吸う場所を限られていて、満足に吸えない事にストレスが溜まり、タバコでストレス発散。

悪循環でしかなく、ここにカッコよさなんてありませんよ。

 

 

タバコを辞めて得られる4つのメリット

確実に健康にはなる

タバコを吸っていた頃は、咳が出る頻度が高く困っている時代でもありました。

決定的だったのは、社会人になる前の健康診断。

これで当時22歳の私は高血圧で下が180の上200という数値。

この数値はバナナマンの日村さんと同じぐらいというお話を担当医から聞いて驚いたのは今でも覚えています。

タバコを辞めたきっかけはこの健康にならなきゃという気持ちが大きかったと思います。

現に辞めて半年後の健康診断では全て正常値に。

タバコは百害あって一利なしという言葉を実感した瞬間でもありました。

 

タバコを辞めるだけでお金が溜まります

私は家では吸わずに、飲み会やバイト先といった具合に吸う場所を限定していました。

当時は約400円/1箱で1回の飲み会で2箱吸っていたので飲み会1回で約1,000円の出費。

月の出費で考えると月10,000円はタバコに使っていました。

でも10,000円/月、自由に使えるお金があったら株をやったり旅行や読書など色々と投資が出来ますよね。

現在はタバコ自体の値上げが実施されているので、よりお金を貯めると効果は大です!

付随効果ですが、タバコを買いにコンビニに行かなくなるので無駄遣いも減るので相乗効果で貯金しやすくなります!

月に10,000円+αのお金が貯金出来るのは給料を上げるよりも、簡単なのでオススメです!

ニオイが気にならなくなった

タバコを吸っていたのにも関わらず、服につくタバコのニオイが嫌いでした。

タバコを吸っている時に着ていた服は問答無用で洗濯に。

アウターなどはクリーニングに出したりと、ニオイ対策はかなり気をつけていました。

 

今はそんな心配もなくなりました。

タバコを吸わない側になってからは、ニオイには敏感になりタバコ臭い人とは無意識に疎遠になっていました。

臭いとだけで無条件で嫌悪感を持たせる可能性は大なので注意が必要です。

 

逆にカッコよくなる

タバコを始めた理由の1つに「カッコよく見える」があったのに、逆に吸わない方がカッコよくなるんです。

 

タバコを吸っていない方がカッコよく見える理由

・タバコ臭くない
・喫煙所を求める姿をさらけ出さない
・タバコ休憩をしない

これってスマートじゃないですか?

タバコを吸うのがカッコいい時代は確かにありました。しかしもう過去の話です。

現在はタバコ=カッコ悪いというイメージを持っている人も多いと思います。

家族の前では吸えず、ベランダや駐車場で吸っている姿は決してカッコよくはないと思います。。。

 

タバコの辞め方は超シンプル。

どこでもタバコを吸っている人は、吸う場所を限定して下さい。

 

まず家では吸わない事。

家でタバコを吸うとご近所トラブルになる事もあるので第一優先で辞めましょう。

次は会社でも禁止しましょう。

会社で吸う姿を見せない事で、同僚からのタバコの誘いを断りやすくなります。

 

このように段階を踏んで、吸う場所(機会)を限定していきましょう。

限定する事によって、タバコを吸う時間をどんどん削っていきタバコ離れを実践していきましょう。

 

タバコは今後迫害されていく未来

日本はまだまだ遅れていますが、世界ではタバコの規制化が始まりつつあります。

最近ではこんなニュースもありましたよね。

 

タバコの次世代として流行した「電子タバコ」も人体への影響が早くも露呈し規制の流れになりつつあります。

規制の話が大きくなれば、喫煙者はより肩身が狭くなっていきます。

デメリットだけのタバコ。タバコで得られているメリットは幻想で代替は可能です。

 

さっさと辞めて、健康を手に入れませんか?

 

以上、お読みいただきありがとうございました。