MINIMALIST-ミニマリスト-

服を畳むのが苦手なら、畳まなくていい【ミニマリスト】

どうも、ミニマリストPoteです。

服を畳むのって面倒ですよね。

私も服を畳むのは苦手ですし、嫌いです。

しかし嫌いながらも試行錯誤して解決させたので、その方法を紹介します!

・服を畳むのが面倒な人
・服の管理を簡単にしたい
・畳む時間を短くしたい

 

畳まなきゃいけない服を減らす

シンプルな解決策ですが、畳まないといけない服を減らすです!

畳む服と言えば、Tシャツやワイシャツが代表だと思います。

これらをハンガーにかけて収納する様にしましょう。

ハンガーにかけて収納は服屋さんでも行われていますし、視認性が高まります。

視認性が高まる事で出番が少ない服を把握しやすくなり、服の選別に繋がったりとメリットばかりです。

しかしながらこのハンガー収納を始める前に服の数が多い人は、以下の方法がオススメ!

使っていないor着れない服は即処分

ハンガー収納するのは、必要最低限の枚数だけにする(極論7日分の服だけをかける)

 

それ以外の服はどうするのか?

例えば部屋着や寝間着。

これは普段他人に見せる機会は無いので、少々シワが付いていても問題とし、ある程度雑に畳むのもありです。

私は部屋着をスポーツウェアにしているので、シワに強いので丸めて保管です。

スポーツウェアは丈夫ですし、夏場も快適なので部屋着or寝間着にオススメですよ。

 

シワに強い服に切り替える

今はシワに強い服が多く存在します。

素材でいえば、ポリエステル。

こういった服をどんどん導入する事で、畳まずにハンガーで収納してもシワがつかなくてすむので、素材に抵抗がないなら導入するのもアリです。

上記で紹介したスポーツウェアもポリエステル素材なので、全くシワがつかないので時短になっています。

 

ドラム式洗濯機はシワに強い

今までの方法の中では1番お金が必要ですが、ドラム式洗濯機を使うのも効果大です。

ドラム式洗濯機の乾燥機能を使うとそれだけでもほとんどシワがついていない状態で仕上がります。

乾燥機能を使えば後は片付けるだけなのも、時短ポイントです。

毎日使うモノになら、お金を使うのは時短とストレス軽減になるので投資としてはアリ!

嫌な事をお金で回避するのは、逃げではないです!

 

服を畳まなくてすむ環境は作れる

 

服を収納するとなると、大多数は畳む必要があると考えがちですが、服自体の枚数を必要最低限にすれば、ハンガーにかけて収納する事が可能になります。

ハンガー収納にしてからは畳む服と畳まなくていい服が生まれ、格段に畳むという作業の時間は短縮になっています。

同時にハンガーの本数=畳む服の枚数になるので、服の衝動買いも防げるなどメリットがあります。

私は11本のハンガーでTシャツ・シャツ・アウターなど外出着を管理する様にしています。

なので、1枚inは1枚outにして管理を継続しています。

 

皆さんも服を畳むのが嫌い!や畳む時間を減らしたいというは、今回紹介した方法を1度試してみてはどうでしょうか?

 

以上、お読みいただきありがとうございました。