MINIMALIST-ミニマリスト-

ミニマリストの夏物を見直すタイミングは今!【感捨】

どうも、ミニマリストPoteです。

お盆を過ぎたら頃から、気温も落ち着きはじめて夏の終わりを感じる気がしないでもないです笑

そんな暑かった夏も終われば、次は秋と装いも変化しますよね。

だからこそ、今夏で手放す服を今から見繕いませんか?

今回はそんな夏物を手放す予定を立てるなら、今!というお話です。

 

モノは使いながら、次を考えるべし!

今現在使っている夏物アイテム。

使っていて「不満に感じているポイント」「汚れやダメージを感じているモノ」

これらを今このタイミングで選別しましょう。

なぜ今このタイミングなのか?

・直近もしくは現在使っているアイテムなので、気に入っているモノ/気に入っていないモノがはっきりわかるからです。

⇨異なる季節モノを選別しようとしても、使っていた当時の気持ちを思い出すのは難しいです。

時間に空いてしまうと頭を巡らせても、「夏に〇〇に行った時に着ていたな。」など、思い出すのは思い出ばかり。

思い出を思い浮かべても、モノを選別する時にはかえって足手まといになってしまいます。

手放すモノを選別する際には、「自分の気持ち」を基準にするのが今後にも活かせます。

例えば、デザインで不満を持っていた場合

流行のアイテムを購入したのは、良いものの実際に使ってみたら自分のファッションに合わなかった。

合わないと感じるのは、そのアイテムに不満があったからこそ。

自分のイメージするファッションには今回のような系統のデザインは合わせられないと

経験として学ぶ事が出来ます。

この経験があれば、次回以降の買い物にも活かせますよね。

しかしここで時間が空いて手放す決断をした場合だと、何が決定打として結論を出したかが曖昧になってしまう可能性があります。

ここでただ何も考えずに捨ててしまうと、モノは減りますが来年にはまた似たようなモノを購入してしまっているかもしれません。

自分に必要なモノを見極めて選別するというのは、大変ですし後悔も生まれるかもしれません。

だからこそしっかりと自分に経験値を貯めていく為にも、

「何が理由なのか、どういう気持ちだったのか」

この2点をしっかりと踏まえて実践してほしいと思います。

夏物で処分をおすすめするアイテム

1.ハーフパンツ

ハーフパンツは基本的には夏しか着用しません。

仕事時にも使えるという場合もないと思いますので、不満点があるのなら潔く手放しましょう!

特に男性の夏のハーフパンツは毎年流行が変化します。特に〇〇はダメ!と言った具合に厳し目ですので、少しでも不満点があるのなら今年のモノは手放し、来年また新しいモノを買うというぐらいに割り切った考えもアリです。

上の画像は私が今回手放すハーフパンツ。この柄にも飽きたので今夏でお別れです。

年齢と共に柄物は好みから外れている傾向があるので、来年購入する場合は無地のデザインを選ぶと思います。

今年の夏は暑かったのですが、あまり活躍の場がなく、2〜3回しか着用しませんでした。

もしかしたら私はあまりハーフパンツ自体を私服として使うのが嫌なのかもしれません。

実際に手放す時には、こんな風に理由と気持ちを考えてみて下さい。

ここであまり考え込まないで下さいね。直感的に振り返る事を意識して下さい!

 

2.ポロシャツ

男性のファッションアイテムの定番。

定番だからこそ、ヘビロテし過ぎて痛んでいたりしませんか?

アウトドア飯を好む人は知らず知らずにシミがあったりするので、しっかりチェックしておきましょう。

3.サンダル

素足で使うからこそ、皮脂や汗で汚くなってしまっている事が多いアイテム。

スニーカーなどにも比べて安価な為、結構雑に使う事もあるサンダル。

今のうちに状態をしっかりチェックしておきましょう。

4.タオル類

夏場はどうしても汗をかくので、使用頻度が高くなるタオル類。

もしゴワつきや痛みがあるのなら、処分もしくは雑巾がわりにしてしまいましょう。

ゴワついたタオルは肌を痛めますし、何より使っていても気持ち良くありません。

ボー○ドなどの洗濯用洗剤のCMでも肌触りの良さを特徴として謳っているぐらい、タオルにとって気持ちいいは重要なフィルターなんです笑

消耗品だからおざなりになりがちですが、定期的に見直して気持ちいい状態を作るのをおすすめします。

 

季節の変わり目前は、モノを見直すチャンス

季節の変わり目には、衣替えが控えています。

一般的な衣替えは、これからオフシーズンになる服を衣類ケースに保管する代わりに、今シーズンかあら必要になる服を出して準備するというモノ。

今使っているモノをそのまま保管する前に、直近で着ている服を見直して下さい。

もし不満がある服は、保管はせずに手放しましょう。

手放す事で保管する服の枚数を減らす事が出来て、管理リスクの低減にも繋がります。

服を保管する時には、防虫剤や衣類ケースが必要になりますが枚数が減れば節約にも繋がります。

季節の変わり目に、しっかり服の見定めを繰り返すことによって、徐々に状態の良いお気に入りの服に絞り込んでいく事が実現していきます。

まとめて服の枚数を減らすのに困っているという方は、是非この方法を試してみて下さい!

 

以上、お読みいただきありがとうございました。