ミニマリスト

病気持ちミニマリストが考えるストレス発散の重要性

どうも、ミニマリストPoteです。

皆さんは過去に病気になった事はありますか?

私は実は原因不明の病気になった時期がありました。

病気になった経験があるミニマリストが病気にならない様に、

気をつけていることを紹介します。

今回はあくまで私の実体験を元に書いてますのでご理解下さい。

現代病の主な原因はストレス

私が病気になった時の年齢は、25歳でした。

一般的には、仕事をバリバリにしている年齢で健康的な人の方が多い年齢ですよね。

Pote
Pote
私も当時はそんな風に高を括っていました。

でも身体の不調は急に来るものです。

日中視界がチカチカして明るい部屋では目を開けているのが辛くなりました。

その症状が2週間程続き、更に悪化。

右腕と左脚が痺れてきて感覚が無くなる時が出てくる様になったのです。

この時に初めて病院に診察を受けに行きました。

そして脳にカゲが見えると言われました。

Pote
Pote
この時の衝撃は計り知れなかったです

その後大きな病院で再度診察、治療を行い脳のカゲは無くなりましたが、結局原因は不明。

担当医から年齢から考えると「ストレス」ではないか?

Pote
Pote
当時は中間管理職で今考えるとストレスは半端なかったです。

担当医曰く、私の症状は従来であれば、中年以降の人がなるもので若者が珍しかったみたいです。

しかし昨今のストレス社会日本では若者でも発症する人が稀にいるらしく、原因はストレスぐらいしか考えられないという話でした。

そして病気になるときは、ストレスが原因という人が多くいるという事実。

 

 

ストレスを溜め込まない為に気をつけている事

 

1.ストレス発散の方法を何種類も作る

ストレス社会の今、全くストレスを作らないというのは正直難しいです。

Pote
Pote
自分だけじゃどうにも出来ない場合もあるからね

だからストレスを作らないよりも、ストレスを溜め込まない=発散させる手段を何個も持っていることが大事なのだと思います。

私の場合は、ドライブと温泉です。

ドライブも温泉も楽しむなら1人でも出来ます。

昔はフットサルでストレス発散をしていましたが、複数人必要だったりと色々と障害がありました。

ストレス発散の方法が1個だけで、自分1人では出来ないのでは最良とは言えません。

せめて1個だけでも、1人で出来る趣味を持っておくことをオススメします!

・カラオケ
・ジム
・ドライブ
・温泉

出来るだけどこかしら身体を動かす事が出来るモノが理想です。

身体を動かすことに集中すると、余計なことを考える暇も無くなるので心体共にリラックス出来ますからね。

 

2.部屋をスッキリさせる

部屋は出来るだけスッキリしておく事をオススメします。

多くの人が経験した事あると思いますが、

テスト勉強をしないといけないのに部屋の掃除をしてしまう。。。

これって部屋の何かしらが「気になる」から掃除したくなるんだと思うんです。

結果掃除が障害となって勉強を邪魔してしまい、最終的に点数が低かったりしたらイライラしてストレスが溜まっちゃいますよね。

これは大人になっても当てはまります。

「やらなきゃいけない面倒な事」があるのに、「今やらなくてもいい事をしてしまう事」。

これを減らす事は最終的にストレスを溜める機会を減らす事に結びつくので、

部屋はやはりスッキリした空間にしておく事をオススメします。

Pote
Pote
部屋の汚れは心の汚れ!

 

ストレスを甘く見てはいけません

正直私は病気になるまで、ストレスを甘く見ていました。

ストレスがあるのは自覚していましたが、月1回のフットサルでストレス発散出来ているから平気だ、なんて思っていました。

しかし実際に病気になり原因がストレスの疑いがあると言われた時には、ストレスは自分でも分からないぐらい溜まっている事を知りました。

この記事を読んでいる方の中には、自分自身がストレスを溜め込みやすい人間かどうかを理解している人は多くないと思います。

それぐらい分からないものなんです。

私自身病気にならなければ、気づかなかったと思います。

だからこそ普段からストレスを溜めない努力を、そしてストレス発散の方法を持って実践する事が重要なんです。

ストレス発散の方法は人それぞれですが、少しでも参考になれば幸いです。

病気はいまだに完治はしていません。しかし確実に発症する頻度は減ってきているので、これからもストレスについては考えていきます。

これからも情報をアップデートしていく予定です!

 

以上、お読みいただきありがとうございました。