Minimalist

部屋を手っ取り早くスッキリさせたいあなたへ【簡単な3つの方法】

どうも、ミニマリストpoteです。

今回は部屋をスッキリさせる簡単な方法を3つ紹介します!

・部屋のコーディネートがうまく出来ない
・部屋がごちゃごちゃしてる
・部屋をスッキリさせたい人

 

部屋をスッキリさせるたった3つの方法

1.床にモノを置かない
2.家具の要素を少なくする
3.モノを減らす

 

床にモノを置かない

床にモノが置いてあると、人は“部屋が汚い”と感じるんです。

テレビ番組でも見たことあると思いますが、お掃除企画の部屋などを見ると大半は床にモノが散乱してますよね。

テレビの演出では床にモノを散乱させることで汚さを演出しているという話も有名ですね。

「足の踏み場もない」という言葉があるように、床にモノが散乱していると、人は部屋が散らかっている状態だと感じる訳です。

 

部屋がスッキリした状態を作りたい!維持したい!と思うのなら、まずはモノを床に基本直置きしないことです!

・テレビのリモコンなど毎日使うモノも定位置を作る
・床を隠すカーペットなどは最低限のサイズに

 

家具の要素を少なくする

部屋には家具が存在しますが、家具は主張が少ないモノを選び調和性を意識することです。

家具にはデザイン・色・サイズ・素材など様々な要素がありますが、これを出来るだけで統一することを意識しましょう。

優先する順番は以下の通りです。

家具で注意するポイント

①色味⇨②サイズ⇨③素材⇨④デザインの順番で意識

家具は部屋の中でも存在感があるカテゴリーのアイテムです。

だからこそ上記のポイントを押さえるだけで、部屋のスッキリ度は格段に変わってきます。

日本の住宅は白い壁の茶色の床が多いので茶色系の家具が引っ越しの事も考えると外れにくいので茶色系がオススメです。

そして是非意識して欲しいのは、サイズになります。

インテリアショップはお店自体が広い事もあるので、サイズ感が曖昧になりがちですが、しっかりと家具のサイズはきっちりと確認するのがポイントです。

特に高さはそのまま圧迫感に繋がるので、出来るだけ高さが無い家具を選ぶ方が部屋の見た目もスッキリになります。

 

新しく家具を買い換えるのはもったいないという人は、高さがある家具を部屋の奥。そして角や壁面に沿って配置してあげて下さい。

そこからは高さが低いモノ順に部屋の出入り口に近づけて配置しましょう。

インテリアの基本でもありますが、案外出来ていない人もいるので自身の部屋もチェックしてみて下さい!

 

モノを減らす

そして根本的な方法ですが、モノを減らしましょう!

部屋が散らかるのは、片付けを怠ったり収納が出来なかったりとありますが、大本の原因はモノが多いという事。

それは大小関係なく、無駄なモノがあるはずです。

例え使っていないボールペン1本でも塵も積もれば山となる様に、ペン差しで十分な量から筆箱、最終的には戸棚まで広がっていきます。

Pote
Pote
私の実家はこんな感じでした

モノの1個1個は小さくても徐々に体積を増やしていき、その分必要になる収納も大きくなっていき、部屋がどんどんモノで埋め尽くされていく訳です。

 

そうならない為にも、まずは明らかに“ゴミ”なモノから処分していきましょう。

ゴミであれば迷う必要もなくどんどん捨てていく事が出来ますし、ゴミを処分していくだけでもある程度部屋をスッキリさせることは出来ます。

その次のステップとしては、使っていないモノや関心が薄まってしまったモノなど生活に影響がないモノから処分していくとテンポ良く処分していけると思います。

 

部屋がスッキリすれば物事はうまく進み始める

部屋がスッキリしている事と物事の進捗は関係性があります。

部屋がスッキリしていなければ、頭の容量の何%は部屋の事を考えなければいけなくなり、その分他の事に回すエネルギーが不足してしまいます。

もちろん部屋が綺麗な状態で無ければ、満足な睡眠も確保出来なくなる可能性だって充分にあり得るんです。

 

よく自己啓発本で“仕事を効率良くこなす方法”などを見かけますが、そういった意識改革を習慣化させるのには時間も根気も必要です。

しかし今回紹介した『部屋をスッキリさせる方法』であれば、手頃な机周りなどであれば、半日もあれば終わらせる事もできるでしょう。

是非隙間時間にでもチャレンジしてみて下さい!

 

以上、お読みいただきありがとうございました。