ミニマリスト愛用品

【レビュー】ミニマリストがおすすめするバックパック【Porter】

どうも、Poteです。

今回は私が現在(2019/6/7)メインで使用しているバッグの紹介を紹介したいと思います。

ミニマリストに限らず、人のバッグって見るの楽しいですよね。

そんな人向けの記事になります。

PorterのDAYPACK(デイパック)を使用

まず使っているのは、有名ブランド「Porter」の「DAYPACK」になります。

シリーズは「タンカー」と言われているものになります。

このバッグはミニマリストとしても有名な高城剛氏が使用している事で有名ですよね。

このバッグの特徴としては、容量が10Lという事です。

一昔前に流行った「THE NORTH FACE」の「BCヒューズボックス2」は約30Lの容量になっています。

そして「デイパック」という名称を広げた商品として有名な「GREGORY」の「デイパック」は容量が26Lとなっております。

一般的なデイパックの容量は20〜30Lなんです。

それに対して10Lという容量は最小限のモノだけを運ぶ為のバッグになります。

これが逆に良いんです。

バッグのサイズが大きいと余裕があるために、「保険」として入れてしまうモノってありませんか?

例えば天気予報では雨は降る確率低いけど折り畳み傘を持って行ったり、読めるかどうか分からない文庫本を入れたりと、人間は「空白を埋めたがる」のです。

このバッグにはその余裕が生まれにくいんです。

まずA4サイズが正直ギリギリです。会社の資料などはA4サイズが一般的だと思いますが、これがギリギリ入るサイズなんです。(ファイルが大きいタイプだと無理ですけど)

今のバックパックやトートバッグ等でも、パソコンを収納するためのポケットってありますよね。このバッグにも付いてはいます。しかし元々のサイズが小さいの収納対応サイズは小さいです。今使用しているMacBook 12inchモデルがギリギリです。(ケースを使用すると入りません)

その他にもペットボトルホルダーもありません。今はビジネスマン向けのバックパックやアウトドアブランドのバッグだと、結構装備されてますよね。これも無いのでメインポケットに入れるしかありません。

購入する時にポイント!

まずはバッグ自体の重さ。

だってどんなにバッグの中身を厳選して、例え1㎏にしたとしても、バッグ自体が1㎏だと合計で2㎏ですよ。

旅行や通勤時にわざわざ負担を増やす理由はありません!

それを念頭に入れて探しており、このバッグは440g。

私が過去に使っていたデイバックは重量が実際に1㎏もあったんです。

デザインが気に入って買った筈のバッグだったのですが、身体への負担が増えたと感じ売却しました。

当然の事なんですが、重い荷物を持って歩けば汗をかきますよね。

私は汗かっきなんで、少しでも汗の量を減らす為にも軽いバッグは重要でした。

結構レビューサイトを見てみると、収納ポケットの数や機能をメインにしているが、「バッグ自体の重さ」。

これは本当に重要だと思います。誰も進んで重たい荷物は持ちたくないですもんね。

 

必要最低限の機能で問題なし

まずこのバックパックには流行のアウトドアブランドには標準で備え付けられている、ペットボトルホルダーはありません。メインポケットに入れるしか方法はありません。

バックを固定する為に使うウエストベルトも、もちろん付いていません。通勤や旅行で徒歩が多い人は結構使っていますよね。肩への負担軽減が主な目的だと思いますが。

このバックにはそういった機能は付いていないんです。

私はそのシンプルさに魅かれて購入しました。

ペットボトルホルダーに関しては、今まで使ってきた鞄にもなかった機能なので、必要と思ったことがないんですよね。だから不要と判断しました。

ウエストベルトって普段使いだと逆に邪魔と感じています。だって胸から腰にかけてぶらぶら動く紐って目についちゃうんですよね。もしこのバックで山登りとかするなら、後付けでベルト付ければいいと思っているので、最初からは不要ですね。

 

PorterのDAYPACKの不満点

私が使っていて不満と感じる点を紹介します。

背中が蒸れやすい

最近のバックパックって背中面がメッシュ生地になっていたり、あえて背中との接着面を減らす為に凹凸があったりしますが、このバックにはそういった工夫はされていません。

だから少し背中が他のバックと比べて蒸れやすいのは欠点ですね。

 

ファスナーが1方向からしか開閉出来ない

これは現行の新モデルでは改善されていますが旧モデルだと、ファスナーの開閉が1方向に限定されているんです。メインもサブ両方ともに。

これが荷物の出し入れ時には少し面倒に感じますね。

 

飽きない普遍的なデザインは強い

やっぱり定番って強いと思わせてくれるバックですね。シンプルなデザインに黒というカラー。

どんな服装でも使うことが出来て、年齢に関係なく使うことが出来るのは強みだと思います。

今後はこのバックを実際にどういった場面で使っているかを紹介していきたいと思っています。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。