MINIMALIST-ミニマリスト-

【ミニマリスト】年金問題にはミニマリズム?

どうも、Poteです。

6月初めに「老後の生活には年金だけでは足りないから2000万円用意してね〜。」がニュースになり、今現在も話題になっていますよね。

正直年金問題は「消えた年金問題」(2007年)ぐらいから正直若者世代は貰えないのが当たり前と思っているので、自分自身で備える必要があるっていうのは、デフォだと考えています。

しかし単純に2000万円を老後までに用意しろと言われても、なかなか難しいですよね。

収入を増やすのは大変ですが、ミニマリスト目線で出来る方法を紹介していきます!

 

モノを減らすと支出は自然に減る

まずモノを減らすメリットはこちら!

⑴必要なモノを把握すれば余計な出費が減る
⑵1つのモノを大切に使うようになる
⑶捨てる労力の大変さを知ると購入のハードルを上げられる

 

⑴必要なモノを把握すれば余計な出費が減る

1番大切なのは自分にとって必要なモノを把握すれば、新たにモノを購入することがなくなり、出費を増やさずにすみます。これだと思います。

もちろんその為には、ミニマリストの生活を心がけていく必要があり、継続しなければいけません。

まずは迷ったら捨てのルールで、処分を進めて、ある程度不要物が減ったら次のステップへ。

ある程度処分した状態から不要と認定したモノに対しては処分理由を少し考えてみると、再購入の可能性が減ります。

そこまで深く考える必要はありません。例えば洋服なら、「好みじゃなくなった」「ヨレヨレになってきたかな」で問題ありません。

「好みじゃなくなった」これからは自分の今の好みや着たい服を考えるきっかけになります。

「ヨレヨレになってきたかな」もしこれを改善したのなら、素材or値段重視で考えるきっかけになるかもしれません。

それでいいんです。最初から正解にはたどり着けません。経験を繰り返して今の自分に合う正解を出せるのですから。

⑵1つのモノを大切に使うようになる

ミニマリストの生活をしていると、自分の手元に残っているのは、お気に入りのアイテムばかりです。

お気に入りのアイテムであれば、大切に使いますよね。

私の場合は鞄ですね。昔はシーズン毎に新しい鞄を購入していましたが、今はお気に入りの鞄を使い込むようになりました。

結果節約に繋がっています。昔購入していたのは、毎シーズン約2〜4万ぐらいだったので、最低でも8万円の節約になっています。(レアなケースかもしれませんが笑)

お金の消費癖がある人は、、安いという理由で購入しがちですが、そういった理由ではもう買い物をしなくなりました。

安いよりも必要なモノを購入していくだけで節約に繋がりますよ!

 

⑶捨てる労力の大変さを知ると購入のハードルを上げられる

私は昔お洒落部屋を作る為に、色々家具を購入していた時期がありました。

例えば、デザイン性が高いローテーブルやサイドテーブル。バーとかで見るお洒落な丸いイスとかです笑

こういったモノって買うときはネットで購入出来るので、簡単ですよね。すぐに自宅まで届きますから。

しかし処分ってどうですか?

住んでいる地域によって異なるルール。売却しようにも年数が経過しているモノだと買取対象にならなかったりと、時間と体力、お金を消費しますよね。

1度大物家電や家具の処分を体験すると、なかなか購入しようとは思えなくなります。

私はその経験から、ベッド(フレーム)やソファ、TVなどは購入しなくなりました。

新生活準備の為に、お店に行っても、「買っても処分が大変だからな〜」と思うようになりました。

実際購入しなくても平気だったり、代用出来る場合もあるので、出費は減りましたね。

引っ越しの時にも荷物が少ないので、低料金で済んだり、部屋が小さくても問題ないなど、メリットが多いのでオススメです。

1度でも似た経験があれば、思い出して下さい。またその苦労を味わいたいですか?

 

ミニマリストが考える次の行動は?

上3つの対策は実際に私が行っていることですが、今後他にやっていきたいと考えている子ことがあります。

「iDeCo」や「積立NISA」をしてみたい!

と考えています。現在別の投資はやっているのですが、節税対策としては有効と考えているので、今年中には導入したいと思っています。

 

正直今の日本は国に頼って生活するという思考停止状態では、満足な生活は得られないと思っています。

今までにのほほんとして生活出来る時代ではなく、自分から情報を取りに行き、国から少しでも自立出来る状態を作るのが今後必要になっています。

その第一歩として、節約は効果があると思います。お金は生活の基盤ですし、精神を安定させる為には、最低限必要ですからね。

皆さんも今回の問題をきっかけにミニマリスト、モノに対する考え方を改めてみてはいかがでしょうか?

 

以上、お読みいただきありがとうございました。