MINIMALIST-ミニマリスト-

お盆休みこそモノを捨ててすっきり空間を

どうも、Poteです。

昨日からお盆休みという方も多いと思いますが、どう過ごされる予定ですか?

この時期になると、帰省ラッシュの交通渋滞のニュースが流れますが、お盆はどこに行っても混んでいますよね。

そんなお盆休み。実家には普段居ない家族も揃っている。

そんな時に家の片付けしませんか?

今回はお盆休みにモノを家の片付けがおすすめという話です。

 

まとまった時間で短期集中でモノを見直せる

お盆休みは元々は御墓参りをしたり、実家に帰省して顔を見せに行ったりしますよね。しかし今年のお盆休みは長い場合は、9連休だったりします。

そんな長い休みで家族が揃う時に、家のモノを減らしませんか?

お盆休みには旅行や帰省と遠出する人が増える時期なので、観光地は激混み。ホテルや飛行機はいつもよりも高い値段設定。

道路も渋滞だらけで出掛けるだけでも途轍もない疲労感に苛まれます。

そんな時だからこそ、家に引きこもって家のモノを見直し減らしましょう。

モノを減らすと言っても、ただモノを捨てる・売るだけではなく、掃除も必要になってきます。掃除をするとなるとそれなりの時間も必要ですよね。

だからこそ普段からはモノを減らそうと思っても、なかなか時間が作れないという人は、こういったタイミングに集中的にやるのがおすすめです!

 

家族が揃っているからこそ見直せるモノもある

実家から離れて暮らしている家族も一同に集まるお盆。

そんな時こそ家族揃っているからこそ見直せるモノを減らすチャンスです。

・普段履く人がいない靴
・五月人形などの行事物
・大型ごみ

靴って案外実家に眠りがちです。服と違ってズボラに保管していても、虫食いなどの被害を受ける訳ではないですから。

しかし長い間使っていない靴はカビが発生しがちです。日本には四季があり、夏の梅雨や冬の結露などで、使っていない靴にも水分が付着しカビがいつの間にか発生してしまうものです。

普段実家に住んでいない人は、お盆休みに靴を見直してみませんか?もしかしたら何年も使っていない靴や、帰省する時期には使わない靴があるかもしれませんよ。

 

 

五月人形などの小さい子供がいる時にメインに使うモノも使う予定が無いなら、処分するのもありです。昔は代々家族で継承していくモノだったかもしれませんが、今は五月人形などは買わずに、フォトスタジオなどで済ます家庭も多くなってきています。

五月人形セットは仰仰しい箱に入っており、結構な大きさになります。体力に余裕があるうちに処分するのが後々楽だと思いますよ。(私の実家は既に処分済みです。)

 

その他にも大型ゴミは、家族が集まり人出が多い時にまとめて処分する方が簡単です。特に実家には普段お年寄りしかいない場合は、こういった時にしかチャンスはありません。

そして大概は既に劣化していて使い物にならないモノが眠っています。でもお年寄りは綺麗に保管出来ているから問題無いと思ってそのままにしがちです。今は終活という言葉も生まれ死後を気にする様になりました。

終活もボケてしまってからはなかなか進まないと聞きます。

親がまだしっかり見聞き出来るうちに終活を進めるのは、親にも自分自身にもメリットですよ。

 

不用品を売るなら連休中に!

もし家のモノの整理をしていて売れるモノがあった場合は、連休中に売る事を意識しましょう!

ネットショッピングなどは休日前や休日にアクセスが多くなる傾向があります。それはメルカリやヤフオクなどでも変わりません。

連休中で時間があるからこそ、人はスマホでついついモノを探しがちです。そのチャンスを逃すのはもったいないです。

しかし売っても二束三文にしかならない様なら、処分するかハードオフなどにまとめ売りに行きましょう。

メルカリは高額で売れる場合もありますが、メッセージのやりとりなど手間も多くなりがちです。

大したお金になる見込みが無いなら、余計な希望は持たずに大型リサイクルショップに持ち込んだ方が簡単ですよ。ちなみに行くなら開店と同時ぐらいがおすすめです。昼前ぐらいからは客数も増えて長時間待つケースが多いです。

 

モノを見直しは半年毎に!

よく年末は大掃除と言いますが、家の掃除を忙しい年末にまとめてやるのって大変ですよね。

天気も悪いですし、寒いので厚着をすると動きにくくてやる気も出ない。そんな時期にまとめて掃除をするのは辛いです。

それなら半年毎に掃除をモノの見直しをすればいいんです。

思い出してください。小学生の時、夏休みと冬休みに入る時には学校に置いてある自分の荷物を全て持ち帰りませんでしたか?

教科書はもちろん、普段活躍しない裁縫セットや図画工作で作成した作品など。

小学生の時には決まった時期に学校の掃除をしていました。それを自分の家でも行えばいいんです。

 

夏と冬に分けて掃除やモノの見直しを行う。小学生にやっていた周期で実践するだけ。

 

そう考えると簡単に感じませんか?

回数を重ねていけば、どんどん自分にとって必要なモノも分かってくるでしょう。そうなればどんどん片付けへの大変さも軽減されていきます。

小学生は既に夏休みに入っていますが、大人の夏休みはこれからです。

このタイミングでモノを見直すを習慣を身に付ける為の第一歩を踏み出しませんか?

 

以上、お読みいただきありがとうございました。