LET GO-手放したモノ-

microSDカードを断捨離しました【SSD1個にまとめました】

どうも、Poteです。

 

microSDってサイズはコンパクトだし、値段も最近はどんどん安くなっててミニマリストのバックアップに最適か?と思っていましたが、1枚1枚管理するの面倒だなと感じたので思い切って処分しました。

今回はそんなガジェット的な話です。

 

microSDは実は面倒の塊だった!

microSDって本当に多くのデバイスに使われていますよね。

パソコン・スマホ・カメラ・ゲーム機と多くデバイスに使われていますが、

いざ使ってみると「面倒だなぁ。」と感じたんです。

その理由がこちら。

今回処分したSDカード類とケース

SSDに比べると転送速度が遅い

今パソコンの主流の記憶媒体はHDDからSSDに移っています。

そのSSDの魅力の1つとしてデータの転送速度が速いことが挙げられます。

そしてmicroSDもSSDに比べると転送速度が遅くパソコンのバックアップを作る時には長時間必要になることが多いです。

 

長期間の保存には向かない

microSDは他の記憶媒体と比べると特に長期間の保存には向きません。

HDDなどに比べるとmicroSDは端子自体がむき出しになっており、いつの間にか傷が付いて

使えなくなっていたということが起こり得ます。

記憶媒体に「絶対」や「永久」は存在しません。

いつかは壊れるモノです。あくまで壊れやすさという観点で比較してあります。

 

パソコン以外で使う端末がもう手持ちに無かった

私がガジェット類を多く持っていた時にはスマホとタブレットを2台以上所持していて、

狂ったようにコロコロ端末を替えていました。

しかしミニマリスト精神に基づき自分に必要な端末を見直したらiPhone1台に落ち着きました。

その結果microSDカードを使う端末はパソコンだけとなり、microSDを使い続ける理由がなくなったのです。

 

microSDをパソコンで使う時は変換アダプターが必要なのがNG

microSDって基本的にはパソコンに直接差し込むことが出来ません。

右の大きいのが変換アダプター

画像の様なアダプターに差し込みサイズを変えることでパソコンで使える様になります。

これが面倒に感じる様になったんですよね。

スマホやタブレットなどではmicroサイズなんですが、パソコンではSDカードサイズと規格が

異なるので致し方ないんですが、手間に感じるんです。

 

まとめ

ここまでmicroSDカードを使う意味がないポイントをお伝えしましたが、

他の記憶メディアにはない「コンパクト」とう利点が今後必要になる可能性もあります。

あくまで「今の私の生活スタイルに合わない」ということです。

もしかしたら生活をアップデートしたら再び必要になるかもしれませんが、

必要になるかも」で所持したくはありません。

本当に必要ならまた購入するでしょうし、冒頭でもお伝えしましたが

価格が今は安くなっているので、再購入もありという判断で処分しました。

結構こんな感じで軽い気持ちで処分するのは、自然とミニマリストへのハードルが低くなるので、なかなか進まないという人にオススメです。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。