MINIMALIST-ミニマリスト-

ミニマリストが年中実践している麦茶節約術!

どうも、ミニマリストPoteです。

自宅での食事を見直して1日1~2食生活。

そして自然に家ではジュースなどを飲まなくなりました。

・それでは家では何を飲んでいるのか?
・そしてどう節約に繋げているのか?
・会社人時代にも行っていた節約術

今回はこの内容で紹介します!

 

麦茶が味に波がなく安定して美味しい

麦茶って水出しパックでも、美味しいです。

一般的に麦茶って夏に飲むイメージですよね。

でもスーパーには年中麦茶のパックって売ってます。

それって一定層は季節関係なく、飲んでいる家庭があるという事。

実際に飲んでみると冬に飲んでも、美味しいです。

Pote
Pote
私は子供の頃からの相棒です。

そして麦茶のパックって、やかんでお湯を沸かして作る!ってイメージですが、水出しでも問題ありません!

水出しなら2~3時間経ったら、取り出すだけ!

火を使わないので、危なくないですしね。

逆に熱が入らない水出しの方が長期保存に向いてるんですよ。

麦茶はカフェインが含まれていない事で有名です。

カフェインの摂取量を気にしている人にも安心して飲めるので、普段からコーヒーを嗜む人にはなおさらですね。

 

節約をするなら、簡単なモノから

貴方が仕事の日の昼食で毎日弁当と飲み物を買っていたら、結構な出費になるのは当然ですよね。

昼食を自炊したら、節約出来るよ!

でもこれは普段から自炊をしていない人にはハードルが高いんです。

朝の忙しい時間に弁当の準備をするのは、本当に大変なんです。

だからこそ簡単に作れる麦茶で節約するのをおすすめします!

麦茶の水出しパックなら、1~2個の麦茶パックを容器に入れて水を入れる。

そして時間になったら、麦茶パックを取り出して終わりです。

簡単でしょ?

こんな簡単な方法でも節約に繋げられます。

1日150円のペットボトル飲料を購入していたとしたら、月に20日労働で3000円。

1ヶ月で3000円。1年で36000円の節約です。

どうですか?案外馬鹿にならない金額じゃないですか?

弁当を作るのに比べて麦茶を作るのは、遥かに簡単です。

麦茶を入れる容器は、100円ショップで購入出来るので安価に始められますよ!

 

節約は簡単なモノだけでも効果は出ます!

会社員の節約ってなると、ランチ代の節約=自炊という方程式がありますが、自炊が苦手な人にとってはハードルが高い節約術です。

確かに昼食を自炊する事で得られる効果は大きいです。

しかしその結果ストレスが溜まったり、下手な自炊ですと逆に高くついてしまったりもします。

それなら簡単で毎日続けられる事で節約するのがベストです!

今回紹介した麦茶はとても簡単な節約術です。

年間で36000円の節約は簡単だと思いますが、36000円給料を上げるのは正直今の時代は難しいと思います。

副業が注目されていますが、副業ですぐに30000円稼げるかは不透明ですよね。

なら手近なところから節約するのは、少ない努力で大きな結果を得られるのでオススメです!

 

以上、お読みいただきありがとうございました。