MINIMALIST-ミニマリスト-

【1日1捨】ミニマリストがメルカリを使っているわけ

どうも、poteです。

私が今年の目標の1つでもある「1日1捨で365個を突破する」で、活用しているのがメルカリです。

そこで今回は私がなぜメルカリを使い続けるのかを。その理由を紹介していきます!

【2020年】やりたいこと100リスト|目標を達成して夢を叶えるどうも、ミニマリストpoteです。 今回は先日も参加させていただいた、ていない(@tei_nai)さんのブロガー連動企画に参加させ...

メルカリを使い続ける3つの理由

メルカリ1本に絞ってる理由は、3つ!

1.メルカリにはユーザーが多い

2.複数サービスの管理は大変

3.評価が分散してしまい、アカウントパワーが育たない

 

1.メルカリにはユーザーが多い

メルカリが人気な1番の理由は、ユーザーが多いから。

やはりモノの売買には人がいないと、発生しません。

なので、ユーザーが多いということは、それだけで魅力的な訳です。

私が最近メルカリで出品しているのは、同人音楽CDです。

非常にマイナーなジャンルだと思います。

新品を買うとなるとアニメイトやメロンブックスなどを使わないといけないジャンルですからね。

そして同人音楽CDは、一般的なCDと同じように買取はしてくれません。

大手リサイクルショップでは、元々買取対象外になっていました。

こういったマイナーなジャンルを手放しながら収益を得たいのなら、ユーザーが多い分目に止まる可能性も高くなりますからね。

当然人気のジャンルや商品の場合は、速攻で買い手が見つかるので、手放すスピードも速くなるので、まずはメルカリから挑戦するのをおすすめします!

 

2.複数サービスの管理は大変

よくメルカリなどの出品画面で「他のサービスにも出品してますので、取り下げることもあります」などの文言。

これはメルカリやヤフオク、ラクマなどの様々なサービスに同時出品しているからです。

この方法を使えば、先ほど書いたように多くの人の目に止まることにもなるので、売却機会を増やしているってことになります。

その代わり、同時に売れてしまった時などは、片方には謝罪をする必要があったりと無駄な手間も増えてしまう可能性もあります。

私の中では、メリットよりもデメリットの方が大きいと感じるので、メルカリ1本に絞ってます!

 

3.評価が分散してしまい、アカウントパワーが育たない

これも2番の内容と重複しますが、複数のサービスを使ってモノの売買をしていると、他のユーザーから受ける評価の数が稼げなくなってしまいます。

ネット上では、「メルカリでモノを買うのはダメ」みたいな風潮があり、買うときの判断基準になるのが評価という訳です。

メルカリでは3段階評価なので、1番上の「良い」の割合やコメントで判断されることが失敗しない方法とされています。

モノの売買サービスで評価を受けるには、モノを売るか買うしないといけないので、評価を稼ぐにはどれだけサービスを利用しているかがベースになっています。

なので、複数サービスを使ってしまうと、評価が分散してしまい、優良ユーザーになるまで時間が余分に必要になるので、私はメルカリ一筋で売買を行っています!

 

モノを売りたいならメルカリで!

私がメルカリでモノを売り始めたのは、2019年の4月。

1年経たずに売却した件数は100件を超え、収益は10万以上にもなりました。

家にある不要物を、ネット上で売るだけで副業並みに収益を作ることができます。

そのためにもメルカリのアカウント評価を上げてる必要があるので、出来るだけサービスは厳選して使うのをおすすめします。

そうすれば、評価も受けられて売りやすくなっていきますからね。

 

ブログ、YouTube、プログラミングなどは収益までにどうしても時間が必要です。

その点不要物の売却なら、多額のコストも時間も必要としないので、副業としてもおすすめですよ!

副業を始めるならメルカリがおすすめな理由3点どうも、ミニマリストpoteです。 今まで副業に触れることはない人が、いきなりブログやYouTubeをやり始めてもなかなか収益を作...

 

以上、お読みいただきありがとうございました。