ミニマリスト

【ミニマリスト】1日2食生活で過ごしている内容を紹介します。

どうも、Poteです。

私は1日2食生活を過ごしていますが、その理由は今の現代人は食事を摂り過ぎており、身体への負担が大きいということを書籍などで知っているからです。

今回はそんな私が実際に行なっている内容を紹介していきたいと思います。

 

1日2食生活にも人間は慣れていく

一般的には1日3食が普通であり、2食生活に対しての主な意見は大体こんな感じ。

・無理なダイエット
・身体に悪影響
・頭が回らなくなる

しかし実際に1日2食生活を体験して得た効果は以下の通りです。

・自然に体重が落ちていく
・1食分減るので食費が減る
・時間を作ることが出来る
・食事内容を考える手間を減らせる

 

自然に体重が落ちていく

これは単純に食事の回数を減らしているから、体重がどんどん落ちていきます。

元々私が1日3食生活をしていた理由は、小さい頃からの習慣があったからです。

小さい頃は成長期ですし、当時の私はサッカー部に所属していたので3食が必要になる位、身体を動かしていたからです。しかし今は学生時代に比べて日々の運動量は減っているので、当時と同じ食事量を摂っていれば太るのは当たり前ですよね。

そして2食に切り替えてからは、1日の大半を満腹感で過ごすこともなくなりました。なので、食後の満腹感からくる眠気などとも無縁になっていきました。

 

1食分減るので食費が減る

私は朝食を抜いていますので、朝食分の食費が浮いているということになります。

私の3食食べていた時期の食費は1月約3万円。しかし今現在は、他の要素もありますが平均17,000〜20,000円ぐらいです。

結構な節約になっていますよね。少なく見積もっても1万円は毎月節約出来て、年間だと12万円ですから。

12万円もあったら海外旅行も行ける時代ですからね。目的もあると全くストレスもないので、おすすめの方法ですよ。

やっぱりご褒美があるとやる気も出ますからね笑

 

時間を作ることが出来る

食事の回数を減らすことでその分時間を作ることが出来るようになりました。

私の場合朝食の準備から片付けまでだと大体20分を必要としていました。しかし朝食をなくせば、単純にこの時間はフリーになる訳です。

その時間を読書や1日のタスクの確認に使ったりと有意義に使うことが出来ます。

これが夕食などにするともっと時間を作ることが出来ますが、夕食は何かと外食になる可能性もあるので、実行可能な朝食を私は抜くようにしています。

 

食事内容を考える手間を減らせる

これも時間というよりも、決断疲れを回避するというのが主な目的です。

人は1日に約9,000回の選択をしているというのは有名な話ですが、私は食事内容を考えるって1日の選択の中でも疲れる内容だと思っています。

友人とどこの店に入るかを決めるのでなかなか決まらない経験って皆さんあると思うんです。

それが自分の食事に置き換えても同じだと思います。

スーパーでの買い物中にメニューを考えて買い物しますよね。その時に1食分減らせれば、その分選択しなくて済みます。そして調理前にメニュー内容の考えなくても済むんです。

そして食事内容は体調や気分によっても左右されるので、買い物時には決めていたメニューもその時になったら食べたくないという可能性もあります。

結果、再度メニューを考えたり、最悪食材を無駄にするってこともあり得ます。

それらを回避出来るのはすごいメリットですよー。

1日2食の食事内容は?

朝は固形物を食べません。

水分だけです。主に水・お茶・ブラックコーヒーです。

 

昼食のメニューはほぼ定番化しています。

必ず食べるようにしているのは、プロテインです。(水で溶かしたやつ)

そして追加でおにぎり1個かバナナ1本です。

お昼過ぎに眠たくなるのは好きではないでの、食べ過ぎないようにしています。

 

夜は普通に食事します。基本のメニューは以下の通りです。

・白米
・味噌汁(インスタント)
・漬物
・主食(肉or魚)
・副菜(サラダ系が多い)

この時はしっかり食べるようにしています。

細かいですが、意識して揚げ物はあまり食べないようにしていますね。量に関係なく翌日胸焼けになることが多いので滅多に食べません。

 

チートデイもしっかり作って、食事を楽しむ

どうしても、ここまで定番化しすぎると反動も生まれやすいです。

なので、私は週に1回は好きに食べてもいい日を設けています。いわゆるチートデイですね。

私の普段の食事では麺類が出てきません。なので麺類を食べたい場合は、チートデイに。調理が大変なメニューは外食でなどと抜け道も作っています。

そうしないと食事にメリハリがないですからね。

もちろん友人などと食事する場合もあるので、そういった時は気にせずその場を楽しむようにしています。

食事は元来楽しむモノです。しかし節度を守らないと太ったり病気になったりします。

だから普段の生活では食べ過ぎや内容を意識して、チートデイでは思いっきり楽しむ。  これが1番私には合っていました。

 

食事は人生に常に寄り添ってくるモノ

食事は常に私たちの生活・人生と繋がってくるモノです。

だからこそ、思考停止で昔からの習慣を続けるのは良くないと考えています。

例えば生活習慣の変化で運動量や加齢による代謝の低下など、若い時と同じでは身体に不調を来すと思っています。

今は1日2食がベストだと思っていますが、今後もしかしたらこの食事内容で身体に悪い変化が出てくるかもしれません。結果1食に減る可能性だってあるんです。食事は常に勉強だと思っています。

少しでも興味があったら、まず実践してみましょう。合わないと思ったらすぐに元に戻せますし、準備にお金が必要な取り組みでもありません。

自分の生活の中で不要だと思う食事のタイミングを減らすだけですから。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。