LET GO-手放したモノ-

実家のミニマリスト化計画part:5

どうも、Poteです。

今回で「実家のミニマリスト化計画」も最後になります。

そんな最後を締めくくるのは、ある大物家具です。

シリーズ投稿は以下になります↓

実家のミニマリスト化計画Part:4どうも、Poteです。 今回で4回目の「実家のミニマリスト化計画」。 そろそろ終わりが見えてきましたね。まとまったジャンルの...
実家のミニマリスト化計画Part:3どうも、Poteです。 今回で3回目の「実家ミニマリスト化計画」。 前回の記事はこちらです↓ https://pote...
実家のミニマリスト化計画Part:2どうも、Poteです。 今回で2回目の「実家のミニマリスト化計画」。 前回の記事はこちらです↓ https://pot...
実家のミニマリスト化計画Part:1どうも、Poteです。 さぁ今回から初の連続企画である「実家のミニマリスト化計画」の本番が始まりました! 記念すべき第1回は...

それではどうぞ!

 

ベッドを処分した訳とは?

ベッドを処分した1番の理由は、寝具をッドにこだわる必要が無くなったからです。

自室のベッドは小学生時代に買ってもらったモノで、寝る時には必ずベッドを使っていました。

それこそ旅行などでも出来るだけベッドの部屋を探すぐらい、寝具はベッドという固定概念が強固だったんです。

しかし賃貸に住む様になってからは、狭い部屋を圧迫してしますベッドは持たないと決め、布団を使ってからは、別に寝具はベッドでなくてもイイと気がついたんです。

それこそ保育園時代とかは、毎日布団でお昼寝とかしていた訳ですからね。

 

ベッドを無くすと部屋が広くなる

単純ですが、ベッドを無くすと部屋が広くなりました。

ベッドは使っている時と使わない時でもサイズは変わりません。ずっと部屋に居続けるのです。

起きて半畳寝て一畳という言葉がありますが、シングルベッドならその一畳分部屋が広くなると考えると効果は大きいですよね。

 

ベッドが無くなることでダラダラしなくなる

ベッドがあると、眠くもないのにダラダラしてしまうって経験ありませんか?

私も昔はよくベッドの上でゲームや漫画でダラダラと時間を使っていました。

しかしベッドが無くなってからは、ダラダラするためのスペースがないので無駄に時間を使うということが無くなりました。

今はダラダラしていた分を、自分の中で優先順位が高い(やりたいこと)に集中出来る様になりました!

 

掃除が簡単になる

ベッドがあると、部屋の掃除って大変ですよね。

毎週は出来なくても、ベッドを動かしてフレーム周りを掃除。

マットレスも立て掛けてカビ予防をしたり、ベッドの下のホコリを掃除したりと、ベッド周りの掃除は大変です。

特にベッド下のホコリの掃除は嫌いでした。掃除機をいくら中に入れても、綺麗にはなりませんし、毎回動かすのも面倒という嫌な作業の1つでした。

しかしベッドを無くせば、そういった面倒な掃除からも解放されます。

布団であれば持ち運ぶのも大変ではないですし、フレームという概念が無いので手入れもシンプルで済みますよ。

 

処分が大変なモノは持たないに限る!

処分が大変なモノは持たないに限る!

とてもシンプルですが、効果が大きいルールです。

 

処分が大変なモノって手に入れやすさの割には、とてつもなく処分が大変なんです。

 

今回のベッドを代表にソファーや学習机など。購入時は、お店側が家の指定の場所まで運んでくれますが、いざ捨てようとすると自分がやるのが基本です。

ベッドなどは自分1人では階段を降りれなかったり、解体するには専用の工具が必要だったりと、とても大変です。

その手間から解放されるには、処分が大変モノを家に招き入れない!というのが大切です。

 

しかしどうしても必要なモノも人によってはあると思います。

そんな時は別なモノで代用出来ないかを考えてみましょう。

・ベッド⇨布団(マットレス)
・学習机⇨折り畳み机
・ソファー⇨アウトドアチェア

上記の様にコンパクトに出来るモノで代用出来ないか考え、探してみると案外見つかります。

特にソファーなどは昨今のキャンプブームもあって、家でも外でも使えるアウトドアチェアをインテリアとして取り入れる案があるぐらいです。

ミニマリストの人がモノを購入する際に、ポイントとしているコンパクトに出来るかどうか。←この意識は重要です!

コンパクトさを気にするというのは、鞄や服などにも充てがうことが出来るので、買い物の際には意識することをオススメします!

 

以上、お読みいただきありがとうございました。