LET GO-手放したモノ-

実家のミニマリスト化計画を経て・・・

どうも、Poteです。

全6回まで続いた「実家のミニマリスト化計画」も昨日で終わりまして、今回はその後と言う事で実践してみての感想などを紹介したいと思います。

実家の整理や終活を考えている人には、今回の関連記事を読んでもらえると嬉しいです。

 

今までは寝るためだけの場所

今まではマンション住まいだったので、実家に帰ってきても自室はただの寝るだけの場所だったので、そこまで環境は気にかけていませんでした。

本当に寝るだけの空間といった具合で、無駄なモノはパッと見無い様にしていましたが、吟味してみると今は不要なモノがチラホラといった状態でした。

夜実家に帰ってきても、ご飯を食べて寝るだけといった具合。

 

しかし今は、それ以外にも自室で仕事や勉強をしていく必要があるので環境作りは必須レベル。

なので、今回の「実家のミニマリスト化計画」では無駄なモノを無くすこと優先したいことやれる環境を作るのが目的でした!

 

優先したいことをやれる環境を作る

今までは寝る場所として問題なければ良かったですが、今は自室で仕事や勉強をやっていく必要があるので、その為の環境作りが必須になりました。

私が考える理想の自室の環境以下の通りです。

・良質な睡眠がとれる
・仕事や勉強に集中できる
・部屋のノイズが少なくスッキリしている
・筋トレをゆったり出来る

共通で言えることは、モノが少ない事で実現出来るという事。

その為に、ダラダラしがちなベッドやテレビは部屋に置かず、部屋にいる間は寝るかやりたいことをやれる様にしていきました。

 

でもスマホでYouTubeとか見れるじゃんとお思いかもしれませんが、私の自室はほとんどWi-Fiが届かずスマホだと見れないので、リラックスしている時はスマホよりも本を手に取っています。

スマホとの距離が自然に開いたのは、思わぬメリットでした笑

 

実家は物置じゃない!

今回「実家のミニマリスト化計画」を実践してみて、どれだけ自分が実家を物置代わりにしていたかを実感しました。

今までのマンションはモノが少なく、マイカーで引っ越しが出来るぐらいの量でしたが、実家に置いていた量はそれよりも多いという予想外の結果。

処分する時には、引っ越し時よりも車を出す回数が多かったぐらいです。

 

実家は昔に用意した収納家具が置いてあったりと、どうしてもモノを保管しやすい状態だったのが物置化していた原因だったと思います。

 

しかし今回の計画で、余分な収納は処分し必要最低限だけを収納出来る様に改善しました。(まだまだ減らせる箇所は出てくるかもしれませんが)

今思えば、新潟から東京に引っ越す際にも荷物は持っていくのに、収納はそのままというのがいけなかったのかもしれません。

実家に帰省する度に足りないモノを買い足して、買ったモノは実家に置いておく。これを長年積み上げていったモノが、今回処分したモノたち。

メインの住まいにならないのであれば、収納は極端に減らすのもアリだと思います。

過去にミニマリストさんのインスタ投稿で、実家に帰省する際には旅行と同じ内容の荷物を持って行くという人もいました。(お名前は覚えていませんが・・・)

この方法もミニマリストの方なら再現可能かもしれないので、機会があったらチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。

 

今後も実家のミニマリスト化計画は継続していきたいと思っています。今回はパッと目についたモノを手放しましたが、生活してみて今の自分の不要なモノが出てきたら見直していきたいと思います。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。