レビュー

ミニマリストが惚れたゲーム機【ゲームボーイミクロ】

どうも、ミニマリストpoteです。

今回はミニマリストが惚れたゲーム機。

“ゲームボーイミクロ”をレビューしてみたいと思います。

ヒヨコ君
ヒヨコ君
ミニマリストなのにゲーム持ってるの?
Pote
Pote
ゲームは“好き”だからね。

 

・ミニマリストのゲーム事情が知りたい
・ミニマリストの持ち物を知りたい

 

 

ミニマルなゲーム機

“ゲームボーイミクロ”の魅力といえば、ミニマルなサイズ感。

昨今のスマートフォンよりも小さいボディサイズに2インチの画面サイズ。

持ち運び出来るゲーム機として特化している。

そしてこちらが“ゲームボーイミクロ”本体。ファミコンバージョンのレトロ感溢れる色味が素晴らしい。

実際に起動させてみる。ディスプレイが2インチというのも相まって、文字も鮮明に表示されている。

ソフト挿入時の綺麗な一体感もたまらない。。。

 

機能もシンプルなゲームボーイミクロ

2019年現在に発売されているゲーム機とは違い、“ゲームボーイミクロ”はゲーム機能のみ。

フレンド登録やYouTubeを閲覧が出来るといった機能は付いていません。

友達と交換・対戦をするならケーブルなどの付属品が必要な時代のゲーム機。

現行のゲーム機と比べてると不便な点にも感じますが、そこがよりレトロ感を演出しているのである。

純粋にゲームに楽しめる純度の高いゲーム機は持っているだけで気持ちが昂ります。

 

 

まとめ

レトロ感もありながらかっこいい“ゲームボーイミクロ”

発売当初は半年前にDSが販売されていることもあり、不遇だった“ゲームボーイミクロ”。

しかし数年前からプレミア価格で取引されており、私も¥15,000で購入しました。

とはいえ他のバージョンなら¥10,000程度で購入出来るので、実機で遊びたいという方は手にとってみてはいかがでしょうか?

 

以上、お読みいただきありがとうございました。