HABIT-習慣-

1日2食にして変わった食料品の買い方

どうも、Poteです。

1日2食生活を始めてから既に半年が経過しています。

最近になってから買い物の仕方が変化していることに気づきどう変化したのかを紹介します。

中毒性のあるモノを控える様に

まずお菓子の類を買わなくなりました。

元々お菓子はそんなに食べる方ではありませんでしたが、更に購入しなくなりました。

それでも月に1〜2回は買う時はあります。内容としてはチョコや個梱包されているモノが多いです。甘い食べ物としてたまに購入してます。

ポテチの類は食べません。まずは1人で食べ切れませんので買いません。無駄にしたくないですからね。ポテチの中毒性は危ないのは有名ですよね。

そしてコレが大きな変化ですがインスタントラーメンを購入しなくなりました。

一人暮らし時代からよく食べていましたが、インスタントラーメンが1日のメインの食事になるのには抵抗があったからです。

お昼はおにぎりかバナナ。そこにプロテインを飲んでいます。

なので夜がメインの食事になるんですが、そこでインスタントラーメンって最悪ですよね。

もちろんカップラーメンも同様です。

栄養素至上主義という訳ではありませんが、やはり1日の終わりがインスタントラーメンって勿体無いですよね。

 

甘い飲み物も控える様に

普段の飲み物は水・お茶・コーヒー。

日中はほぼ水かお茶だけ。コレに慣れるとジュースに抵抗を感じる様になります。

ジュースに入っている砂糖が多いということは有名です。

(炭酸飲料には角砂糖10〜16個相当です。角砂糖10個以上って相当ですよね。)

この事実は知られてから相当経ちますが、実際には飲み続けている人は結構います。

肥満や生活習慣病に繋がる危険性があることを知らされているのにも関わらずです。

 

夏場だとどうしても冷たい飲み物が欲しくなりますが、ジュースってぬるくなると美味しくないですよね。

でも水やお茶ならぬるくなってもある程度は平気に飲めます。この点も気に入ってます。

実際にミニマリストの人の中には、水やお茶を好んで飲んでいる人は多くいるんです。

ミニマリストしぶさんもそうですよね。

 

シンプルで簡単な食事を心がけています

・シンプルなメニューになる
・食事に必要以上に時間を割かない
・調理は比較的簡単

食事や料理にそこまで労力を必要としなくなるので、食後に疲れるということも減りました!

 

・メニューが固定化しやすい
・料理スキルの向上しにくい
・料理への関心が薄くなる

一方で食事の簡略化を心掛けていると、メニューが固定されやすくなったり、スキルが上がりにくかったりするのは、人によってはデメリットですね。

 

 

もちろん食事が楽しくて、重要視する考え方もありだとは思います。要はどこを削り、際立たせるのか。

結論はコレだと思います。自分にとって無駄なモノを省き、好きなことに時間を使う様に。

私のとって「食事」はそこまで重要視するモノではないというだけ。ただ「食欲」という言葉がある様に「欲」なので、楽しめる様には自分の中で線引きはする様にしています。

その線引きの内容が上記の内容だったんです。

もしこの記事を見られた方で、食事に関して思う節があるのであれば、見直してみてはいかがでしょうか?

 

以上、お読みいただきありがとうございました。