MINIMALIST-ミニマリスト-

〇〇専用は減らして、兼用できるモノに【ミニマリスト】

どうも、ミニマリストPoteです。

皆さんの所持品の中で「〇〇専用」としてカテゴライズしているモノってありませんか?

 

今回は「〇〇専用品」を無くす。

それだけでモノは減らせるという事を紹介したいと思います。

・モノを減らしたいと人
・〇〇用アイテムを持っている人

 

〇〇専用を減らし、兼用出来るアイテム選びを

この靴は、「〇〇用の靴で、この靴は△△用」。

という風にモノをカテゴリー分けしている人っていませんか?

この「〇〇用アイテム」。これを無くせばモノは確実に減らせます!

・ジム用〇〇
・旅行用〇〇

こんな感じで持っているモノってあると思います。

 

しかしそれって本当に専用にする必要ってありますか?

 

例えばジム用のバッグ。

ジムで使うバッグだから「スポーツorアウトドアブランドのバッグで通いたい!」

確かに上記の様なバッグはサイズも大きいの収納量も多いのが特徴です。

ここで考えてほしいのは、あなたがジムに行く時に持っていくモノはどのくらいの量になるのか。

その量は、現在持っているバッグで事足りるかどうか。

プライベートで使っているバッグの大きさが問題ないなら、兼用のバッグとしてジムでも使用すれば、「ジム用のバッグ」は不要になります。

 

新しいモノを購入する時に、「〇〇用で買っちゃおう!」と考えるのは購入する口実を作っている可能性が大です。

そして「〇〇専用」で購入したモノほど、汎用性が低いんです。

↓↓ジムでよく見るシューズが収納可能なバッグタイプ。↓↓

 

このデザインだとなかなか普段使いは難しいですよね。

兼用で使う方が活躍の場も増えて愛着もわきませんか?

 

お気に入りに囲まれる生活

ミニマリストは必要最低限のモノで生活を送っています。

厳選されたモノは自然にお気に入りのモノという訳です。

お気に入りのモノで囲まれた生活は、使う度に愛着があるモノを手に取るのは気分の向上にもなります。

 

大人になると「一生モノ」に憧れがちですが、私は「一生モノ」よりも「愛用品」を重視しています。

モノを「一生モノ」にするのは大変です。

「愛用品」は好んで使うモノの事。

出来るだけ自分の周りが「愛用品」にする為にも、「〇〇専用」などは持たない環境を作り続けたいですね。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。