MINIMALIST-ミニマリスト-

定期的に身の回りのモノを見直そう!

どうも、Poteです。

ミニマルライフを意識して生活していても、普段目にしない所が知れず知れずにモノで溢れているってことがあると思います。

私も久々にモノが溢れている箇所を見つけたので、即卒業しました。

しかし定期的なモノの見直しは、自分自身の環境を整えるためにも必要性を感じましたので、紹介したいと思います。

 

 

手帳のリフィルファイルなどを発見&断捨離

左からなんでもノート(使用済)とリフィルファイル2冊

どれも前の職場で働いていた時の道具です。

仕事中に思いついたレイアウトや企画などを”自由”に書きなぐってたノート。

過去に使っていたバイブルサイズのシステム手帳のリフィルを保存しておくためのファイル。

どれも既に使わなくなって2年が経過しており、今後使う予定がないので断捨離。

 

元々は今後の職場でも行かせると思い、残してきたモノですが、自分の”やりたいこと”を、既に見つけそちらに進むと決めたので不要になったんです。

一応今後活かせるアイデアや経験はデジタル化し残しているので、なんの未練もありません。大切なのは”情報”であって”モノ”ではありませんからね。

デジタル化する手段は多くありますが、スマホで写真を撮るだけでも綺麗に残せます。

CamScanner|文書スキャン & ファックス
CamScanner|文書スキャン & ファックス
無料
posted withアプリーチ

上のアプリは書類関係を撮影する時に使っているアプリです。必要部分だけの切り取りが簡単な上、無料アプリなので長年使っています。

私は基本スマホで撮影し、Macでデータとして管理しています。

書類のデジタル化に関しては後日紹介します!

定期的な断捨離がシンプルな環境を作り上げる!

人間いくら気をつけていても、油断は生まれるモノです。

今日は”必要”だと思っても、1年後5年後には”不要”になっている可能性は

いくらでもあるのです。

なので定期的な断捨離は必要なんです!

ある程度断捨離を実践しているのであれば、最初期同様の規模で行う必要はないと思います。

1ヶ月や半年など自分に無理のない範囲で、場所を決めて定期的な断捨離を行うとモノを見直すことで断捨離したり、アップデートしたりと生活に変化を生むことが出来るはずです。

もしくは自分の環境の変化をきっかけにモノを見直しをするのは、踏ん切りもつきやすいのでオススメですよ!

数をこなせば断捨離を行う場所もどんどん固定化出来ます。

そして必要になる時間も短縮されていきますので、ハードルが徐々に下がり継続出来ます。

 

私がルーティンとしている場所・モノは以下の通りです。

  • カバン
  • 書類
  • 仕事道具
  • 車の中

ここまで絞るまでには回数をこなしてきた部分もありましたが、

先ほど書いたように徐々必要な時間も減るので苦労はありませんでした。

ちなみに今回の書類の断捨離は10分で終了しました笑

 

日常的に捨てるスタイルを並行しつつ、期間で区切りまとめて断捨離が

私の生活スタイルには合っています。

 

もちろん皆さんにも合うスタイルが必ずありますので、

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。