Minimalist

段ボールを収納道具にしてはいけない3つの理由【タダに近寄るな!】

どうも、poteです。

皆さんは家の中に段ボールを使って収納しているモノってありますか?

引越しの時に使う「段ボール」。

すぐに使わないモノは段ボールに入れた状態で、押入れやクローゼットの奥に押し込んでいる。

ついついやってしまうという、心当たりがある人も多いはず。

しかしそんな段ボール収納にはデメリットがあります。

今回はそんなついやってしまいがちな段ボール収納をやめるべき理由について紹介します。

 

・引越しの段ボールをそのままの人
・段ボールにモノを収納している
・所有物をしっかり把握出来ていない

 

段ボール収納をオススメしない3つの理由

段ボール収納は手軽な収納方法です。

しかしそれは一見片付けている様に見えているだけ。

 

モノが見えない収納は必要な情報も隠す

「段ボールのままなら、次引っ越す時に荷造りの手間が無くなるから・・・」

という風に考えている人もいるかもしれません。

次の引越しの時まで段ボール収納のままだったモノは使う必要の無いモノなのです。

 

段ボール収納は簡単に多くのモノを収納出来ます。

しかしそれはモノを隠しているだけです。

Pote
Pote
学生時代は特にやりがちですよね。

貴方にとって必要だったり、好きなモノなら段ボールに収納なんてしない筈。

 

必要なモノなら手に取りやすい様に保管するでしょう。

好きなモノなら目に映る様に置くでしょう。

 

段ボール収納し続けている時点で、そこにあるのは必要ではないモノなのです。

段ボール自体が見た目は良くないので、目に映る場所には置きたくないですよね。

だから大概は押し入れやクローゼットの中に入れっぱなし。

そして何より段ボールは視認性がないので、中身を確認するには開けるしかありません。

でも段ボールを開けるのって案外億劫になりがち。

Pote
Pote
特にガムテープで口を閉じてたりしてたらもう…

結果段ボールに収納されているモノを手に取る機会は、激減しているのです。

 

モノを収納する時の基本は、視認性を意識して手に取りやすい環境です。

段ボール収納は真逆の保管方法なんです。

 

段ボール収納は片付いた様に見えますが、実際は目に映らない様にしているだけ。

そんなモノの為に、場所も貴方自身の能力も使う必要はありません。

モノは見えやすい様にするのが基本です。

Pote
Pote
把握出来ないモノは、無いの同じ

 

無料で貰える段ボールの罠

段ボールはスーパーなどで無料で貰う事が出来ます。

モノを片付けるのにお金を使いたくない!という時に使いがちです。

段ボール収納は確かにパッと見、部屋がスッキリ綺麗に片付けた風に見えます。

Pote
Pote
重ねればテトリスの棒みたいにもなるしね。

でも考えてみて下さい。

 

必要なモノなら、段ボールに片付けますか?

好きなモノを段ボールに詰め込んだままにしますか?

「無料だから。」という理由で段ボールを収納道具にして満足していませんか?

 

元々段ボールは、荷物を入れて運ぶ為のモノです。

段ボールは決して収納する為のモノではないのです。

 

本を収納したいのなら、本棚を。

洋服を収納したいのなら、衣装ケースを。

 

私たちの周りには収納を目的に作られた立派な製品があります。

それらは「収納」を目的に作られているので使う人にも、収納されるモノにとっても良い環境を与えてくれます。

 

「無料」という言葉に釣られて段ボール収納を始めると嫌なループに入ってしまいます。

それは段ボールに収納すれば、綺麗になる(一時的に)。と勘違いしてしまうと、再度段ボールを貰う事になるのです。

「無料」の収納道具があるのですから、止め処なくモノが増えてしまいます。

「だって増えても段ボールに収納すれば綺麗だから。」

 

決して高いお金を払って、収納道具を買うべきと言っている訳ではありません。

段ボールに入っているモノは、自分自身にとって本当に必要なモノなのかどうか。

収納するモノにはしっかりと見極めるのが重要なのです。

 

虫発生の原因の段ボール

段ボールは性質上、湿気がこもりやすく、保温性も高くなっています。

この環境が虫とっては良い繁殖環境になるんです。

虫が嫌いな人は、段ボールを部屋に置いておくのを今すぐにやめましょう。

 

段ボールが原因で繁殖しやすい虫としては、蜘蛛・ダニ・ゴキブリ・紙魚などが有名です。

特に紙魚は紙や衣類などを食する虫なので、つい段ボールを押し入れなんかに入れておくと、大事なモノが餌になってしまっているかもしれません。

もちろん紙魚に限らず、段ボールを寝床にする虫は段ボールだけではなく、中の荷物にも影響を与える可能性もあります。

 

もし収納ツールを使う場合は、プラスチック製に代える方が安心です。

段ボールは運ぶための道具なので、部屋の中に長期間置くべきモノではありません。

 

収納道具があるとモノは増えがち

今回の記事をまとめると以下の通り。

要約リスト

・お気に入りのモノこそ外に出す
・モノは見えやすい様にする
・段ボール収納は収納ではなく、見えない様にしてるだけ
・段ボールは虫発生の原因

収納道具があればある程、モノは増えがちです。

人間の習慣で、余白があると余白を埋めたくという欲求が生まれてきます。

 

段ボール収納はその最たる例だと思っています。

モノを段ボールに収納し、押入れに入れる。

その押入れの余白を埋める為に、また段ボールにモノを詰め込んでいく。

結果無駄なモノだらけになってしまう。

こういった悪循環になってしまうのです。

 

昔の私がそうでした。

読み終わった本を段ボールに詰め込んでいき、コレクションという名を付けて押入れへ。

また新しい段ボールを用意して、本を詰め込んでいく。

これの繰り返しでした。

結果押入れには、何の本が入っているか分からない段ボールの山が出来上がっただけ。

好きな本の筈なのに、取り出すのが面倒で読み返す事もせず、増えていくだけでした。

最終的には何が好きかも分からなくなる瞬間が来てしまうのです。

 

ミニマリストを目指すのであれば、まずは段ボールで収納をやめましょう。

好きなモノ・必要なモノを収納するのであれば、視認性がある収納道具を。

段ボールを無くすだけでも、スッキリした空間になりますよ。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。