REVIEW-レビュー-

【レビュー】ビルケンシュトックのサンダルをミニマリストが5年間使った感想

どうも、Poteです。

最近は暑くなってきて、サンダルで出歩いている人も多くなってきましたよね。

ミニマリストの私もサンダルは持っています。

持っているのは、BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)。通称ビルケン。

このブランドのサンダルを5年使用しています。

そんな私がサンダルを1足に絞るなら、コレというのを紹介していきます!

大人カッコよくするならレザーのMilanoがおすすめ

私が3年間使用していた、「Milano(ミラノ)」の天然レザータイプ。

踵をしっかりバンドで固定してくれるので、サンダルで歩くのにも安定感が抜群の1足です。

 

慣れるまではちょっと辛い

ビルケンシュトックのMilanoの特徴として、靴底にコルクが採用されている点。

このコルクが少し曲者。

このサンダルを初めて履くと大概の人は、足が痛いと思います。

それはこのコルクがまだ足に馴染んでいないからです。

公式HPにも何回も履くことによって、足に馴染んでくると説明されているぐらいです。

夏の休日にしか履かない私は、馴染むまでに結構な時間が必要でした。回数にして10回ぐらい履いた頃から、やっと足の痛みが無くなってきました。

しかし足に馴染んでからは、本当に楽なサンダルになります。

 

 

手間を省いたシンプルモデルならArizona

私が現在使っているのは、「Arizona(アリゾナ)」のEVA素材の軽量モデル。

このモデルは、先ほどのMilanoに比べて、踵部分のベルトがなくなり、素材もEVAを採用しているので、凄く軽くなっています。

 

特徴はないが、シンプルなモデル

ビルケンシュトック定番のコルクサンダルに比べると全体の素材が主にEVAになった事で、コルクサンダルでの「馴染む」という工程を挟まない代わりにシンプルさが強調されるモデルになっている。

特徴としては、EVA素材で構成されている点。全体がEVA素材なので、手入れが楽です。雑に水洗いで十分に汚れを落とすことが出来ます。

もちろんEVA素材なので、レザーがない分、とても軽量です。しっかりとサンダルの靴底も深みがあるので、安定性も抜群です。

 

どうしても、高級感の演出は難しい

これは難しい問題ですが、Milanoなどと比べるとレザーや留め具の素材などからも、高級感は演出出来ません。

どちらかというと、リラックスした雰囲気を演出するサンダルになります。

なので、夏コーデで高級感を出したいという人には向かいと思います。

素材の見た目で、もしかしたらコンビニなどの「ちょっとした時に。。。」感が否めないので、普段使いする人は普段の服装と相談が必要だと思います。

 

私はこういった時に使っています。

ここまで紹介していて、私はサンダルで歩くということは滅多にしません。

夏でも基本はスニーカーや革靴を好んで履いています。

では、サンダルはどういった時に使っているのか?

それは車の運転中です。私の趣味の1つとしてドライブがあります。

それも長距離ドライブ。6時間の運転とかも普通にします。

そんな時に革靴だとどうしても足が疲れてしまうので、運転中にはサンダルを使って足をリラックスさせながらドライブを楽しんでいます。

その他には定番のBBQの時などのアウトドアの場に使っています。

なので基本使う時に車に積んで、その都度履き替えて使っています。

正直このスタイルだとMilanoは踵部のバンドを留めるのが面倒でした。笑

でも今はArizonaだとそういったバンドがないので、素早く履けるので手間を減らせて良かったと思います。

ビルケンのサンダルは今はAmazonでも購入が可能なので、今履いているのが壊れてもリピート買いすると思います。

よく分からないブランドのサンダルや限定モノを購入しちゃうと、リピート買いがしにくいのでなるべく私は避けるようにしています!

ビルケンは今は街の靴屋さんやセレクトショップでも良く見かけますので、気になる方は一度サイズを確認してみて下さい!

特にコルクサンダルは、根本的に固くて向かない人もいると思いますので、試す事をオススメします!

※ただ今回紹介した2つのモデル共通で安定性はありますが、スニーカー並みに長時間歩くのは向きません。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。