ミニマリスト

小銭貯金が続くたった3つのコツ【ミニマリスト】

どうも、ミニマリストPoteです。

皆さんは「貯金」してますか?

貯金と言っても様々な方法がありますが、1番手軽なのは小銭貯金だと思います。

昔から500円貯金とか100円貯金などがある小銭貯金。

私は小銭貯金を始めて8年経ちますが、今でも小銭貯金は楽しみながら継続しています。

今回はそんな小銭貯金で必要になってくる貯金箱と小銭貯金継続のコツを紹介します。

 

小銭貯金を継続する3つのコツ

ルールはとてもシンプル且つ簡単なモノだけ!

ルール1.小銭は全て貯金箱に入れる

ルール2.貯金箱はミニマルなサイズにするべし

ルール3.自分で小銭を数えない

 

ルール1.小銭は全て貯金箱に入れる

1番大事なルールですが、小銭は全て貯金箱に入れる

「え?そんなことしたら1円10円とかばっかで大して貯金にならないんじゃ。。。」

確かに500円だけ貯金に比べると量の割には、貯金額は少なくなりますがそれで良いんです。

実体験ですが、500円貯金をしていた時は確かに500円は貯金箱に入れていましたが、余った100円は無駄遣いしていていたなんて事がしょっちゅうでした。

変に金額のルールを設けると、「それ以外は使っても良いんだ!」と抜け道を探してしまうので、問答無用で全ての小銭は貯金箱に入れましょう!

もちろん全ての小銭を入れるメリットもあります。

まずは貯金箱が満タンになるペースが早くなります。小銭貯金を継続するには、目的と達成感が必要です。

小銭貯金の達成感は貯金箱を満タンにした時に感じますが、なかなか満タンにならないと面白くないですよね。

人間面白くないモノは続きません

だから全ての小銭を入れることで貯金のペースを上げていきましょう!

そして地味ですが、全ての小銭を貯金箱に入れるという事は、毎回財布の小銭ポケットは空の状態になります。

これにより財布は毎回すっきり軽い状態になるので、気持ちよく財布を使えますし財布へのダメージも減らせるので、財布が長持ちしたりとメリットだらけなんです!

 

ルール2.貯金箱はミニマルなサイズにするべし

 

貯金箱をミニマルなサイズにする事で達成感を味わいやすくするのは、効果的です!

大きい貯金箱の方が達成感は大きいし、手間が減るじゃん!

しかし昨今のキャッシュレス決済の流れを汲んで生活していると、現金支払いの機会は減っていきます。

そうなると自然に小銭も発生しないので、案外貯金箱に溜まっていかないんです。

それなのに大きい貯金箱を使うと、なかなか結果を出せないし大きい貯金箱というのは主張も強いのでミニマルなデザインの貯金箱をオススメします!

私が使っているのはこちらです。

左は過去に使っていたコカコーラデザインの貯金箱。今見ても主張の強いデザインですね。

右は現在も使っている貯金箱。元は雑貨を入れる為のアイテムですが、デザインもサイズもミニマルなので使っています。満パイで2〜3万円ぐらい貯まります。

Pote
Pote
玄関に置けば帰宅後すぐに貯金箱に入れる習慣も付きますよ!

ちなみに缶切りが必要な貯金箱はオススメしません。まず缶切りで開ける手間は案外大変です。

そして1度開けてしまったら、再度購入しなければならないのがNG。

貯金箱は口が開く繰り返し利用できるタイプの方が良いですよ。

 

ルール3.自分で小銭を数えない

貯金箱が満タンになったら数えたくなりますよね。

でも数えるのは控えた方が継続出来ますよ!

500円玉貯金の様に硬貨を限定して貯金しているならまだしも、全種類の硬貨をしっかり数えるのは地味に大変です。

数える事が結局面倒で途中で辞めてしまったり、最悪貯金自体を嫌いになってしまう可能性があります。

なので、貯金箱が満タンになったら直ぐに銀行に持って行き入金してしまいましょう。

銀行なら機械で5分程度数えてくれるので、あっという間ですよ。

Pote
Pote
ATMではなく、窓口にするがベストです!

 

 

小銭貯金は無理せずゆっくり

小銭貯金は昔から存在する貯金方法ですが、現金離れをしている私でも一定の効果は発揮しています。

特に私が現在使っている様なミニマルな財布には、小銭を元々そこまで収納出来る様には考えられてはいません。

ミニマル財布『PRESSo』キャッシュレス派に最高のアイテムどうも、ミニマリストPoteです。 2019年10月から消費税が10%に増税に。 少しでも節約する為にキャッシュレスへの移行...
【レビュー】ミニマリスト愛用のマネークリップは最高にミニマム【イルビゾンテ】どうも、Poteです。 私は現金支払いを極力しない生活を送る様にしています。しかし、知人と食事に行く時はどうしても現金が必要になり...

発生した小銭は帰宅したら直ぐに貯金箱に入れないと行き場がないんです。

 

そして財布も長財布よりもミニマルな財布が注目されている世の中です。

しかしながら現金払いから完全に脱却するのは、日本では難しいのが現状。

だからこそミニマルな財布には入らない小銭の行き場として、小銭貯金が有効になっていくと思います。

当然キャッシュレス生活を意識していると、小銭が発生しない日も当然あります。

そんな日があっても良いんです。貯金は出来れば良いですが、貯金の為に無理して現金を使っては損するだけです。

Pote
Pote
キャッシュレス決済の方が、ポイントが貰えますからね

キャッシュレス決済の流れの中でゆるく貯金が出来る小銭貯金はとても相性が良いんです。

節約が難しいという人は、手軽な小銭貯金から始めてみてはいかがでしょうか?

 

以上、お読みいただきありがとうございました。