REVIEW-レビュー-

ミニマルを体現したバッグManhattan Portage 「ウエストポーチ」

 

どうも、Poteです。

ツイッターやブログを見てみると、多くのミニマリストは手軽に出掛ける時に使うミニバッグを持っていることが多いことが分かります。

もちろん私も持っています。町歩きでも旅行でも使っているミニバッグを。

なので今回の記事では、

・どういう基準で選んだのか

・どういう使い方をしているのか

といった疑問とアイテム紹介したいと思います。

ミニマリストが実際に使っているバッグ

 

それがコチラです!

Manhattan Portage(マンハッタン ポーテージ)のウエストポーチです。

商品はウエストポーチとなっていますが、ボディバッグの様に使う方が多いです。

まずこのバッグの気に入っているポイントは普段使いはもちろん、旅行時のサブバッグとして使える絶妙なサイズ感のところです。

普段は財布・鍵・スマホ・目薬ぐらいしか持ち歩きませんが、あまりポケットにモノが入っている状態で歩くのが好きではないので、このバッグに入れています。

ペットボトルと財布と鍵が入っています

そこに追加で500mlのペットボトルなら1本収納出来るサイズになっており、散歩時にも使える活躍の場が多いバッグです。

収納は写真で掲載されている1ポケットのみです。持ち物の区分けが出来ないというデメリットもありますが、旅行や町歩きで使うバッグなので、そんなに荷物が多くないので問題ありません。

逆に一目で荷物を把握出来るというメリットの方が私は嬉しいです。

 

最近ですとサコッシュが流行っていますが、サコッシュの特徴である”マチ”の薄さ。

これが私の好みに合わず、サコッシュは持っておりません。

理由としてはサコッシュはその特徴である薄さを、厚みのあるモノを入れると維持出来ないからです。

サコッシュの中で綺麗に財布やスマホが1列に並び薄さをキープ出来るのならまだしも、どうしても歩いている最中に重心に偏りが生まれ、片方にのみ厚みが生まれたりするがどうしても気になってしまうんです。

ペットボトルなどは入れると形が崩れるのも、マイナスポイント。。。

しかしこのウエストバッグは、形状がしっかりキープされていて、モノを入れていても変わらないサイズ、デザインでいてくれます。

もうコレがサイコーなんです。

あとは2wayの使い方が出来るのも嬉しいポイントです。

普段は肩から斜めがけでボディバッグの使い方ですが、

旅行での移動用にする際にはウエストポーチの使い方をします。

普段よりも歩き回ることが多くなることが多いので、汗をかきにくいウエストに

着けています。

カバンで行動を変えられる

ミニマリストなら1つカバンをどのシーンでも使えばいいという意見もありますが、

私はこのバッグを使うことで行動に制限と自由を作ることにしています。

まずプライベートの時に複数のカバンを使う人はあまりいないと思います。

基本は1つのカバンだけ。

このカバンに荷物を入れていくわけですが、例えばリュックだった場合。

買い物に出かけるつもりだが、隙間時間に勉強するかもしれないから参考書を入れたり、カフェで作業するかもだからにパソコンを持って行こうなど”もしも”の場合に備えて荷物を増やしてしまいます。

コレで実際に勉強や作業をして有意義に過ごせたのなら良いのですが、

結局作業などはしないでただモノを持ち歩いていただけになるとせっかくの休日も

無駄に疲れるものになってしまいます。

今回であれば”買い物に行く”がメインの目的なので、それのみにフォーカスを当てて

荷物やそしてバッグを選ぶべきだと私は思います。

逆に作業がメインで息抜きにウインドーショッピングをするというのならパソコンなどを持っていくのは間違いじゃないと思います。

あくまで今日やりたいことに楽しめるようにバッグや荷物は選んだ方が、ストレスなく楽しむことが出来ます。

実際私は4つのバッグを所持しています。これが今現在必要としているバッグの数です。

 

バッグ1つで制限を作るのと同時に自由も作れていると私は考えています。

制限した結果、荷物が少なくなり元々やりたいことに集中することも出来ますし、

人生は突発的に物事が起こります。

その時に無駄な重さ(物量的にも精神的にも)なく行動できるのは自由があってこそだと思います。

モノに縛られて行動出来なくなるのは本末転倒なので、モノに縛られないというのはミニマリズムの本質でもあると思っています。

 

ミニマリストならどうして「手ぶら」にしないの?

ミニマリストを目指しているので、手ぶらの良さももちろん理解しています。

実際にミニマリストしぶさんも手ぶらで出かけていることが多いようです。

しかし私はどうしてもポケットにモノを入れるという行為が好きではないので

私は基本バッグを持ち歩いています。

特に男性だとポケットにモノをパンパンに入れている人もいますが、それが習慣化しているとせっかくのパンツにモノのシルエットがどんどん付いてしまうので、モノを大事にするという点でも私はこの方法にしています。

 

ミニマリストの話題を出すと「それは無駄なモノだ。ミニマリストじゃない!」と

声高々に意見する人もいますが、今回紹介したバッグ、考え方は今の私には必要なモノであり、無駄ではないと本心で思っていることなのです。

これまでミニマリスト関連のお話をしていますが、あくまで1つ参考例です。

これが少しでもミニマリストに興味を持っている人たちの参考になればと私も嬉しいです。

今回紹介したバッグはビームスとのコラボ商品なので、全く同じアイテムではありませんが、類似品を貼っておきます。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。