MINIMALIST-ミニマリスト-

短時間ミニマル術!自然にモノが減る!【1イン2アウト】

どうも、ミニマリストpoteです。

身の回りのモノの整理を始めたのに、いつの間にかモノが増えている。

なんてことありませんか?

ヒヨコ君
ヒヨコ君
どうしてそんなにモノが増えるの?
Pote
Pote
それは買ったモノ以外にも、モノは家に入ってくるからなんだよ!

今回はそんなモノが増えてしまいがちな人におすすめな方法を紹介します!

・モノが増えてしまって困ってる
・ミニマリズムに興味がある
・短時間で出来る片付け術を知りたい

 

 

簡単にモノが減らせる“1イン2アウト”

モノを減らしたいのであれば、方法はシンプルです。

1個のモノを家に入れたら、2個のモノを家から出す。1イン(→家)2アウト(家→)をするんです。

ルールはこれだけです。

あなたがゲームソフトを1本購入したとします。

そうしたら所有しているモノ2個を捨てるか、売りましょう。

この時手放すモノはどんなモノでも構いません。

ゲームソフトを買ったから、ゲームソフトを2本手放すでもいいです。

もしくは服を2枚手放すという具合に、ジャンル関係なくても問題ありません。

明らかなゴミはNGです。
チラシやレシートといったモノではなく、何かしらの自己判断で持っているモノにしましょう!

この“1イン2アウト”を実践していると、モノが増える事はありません。それどころかモノがどんどん減っていきます。

 

“1イン2アウト”メリットその1 モノを減らせる環境作り

“1イン2アウト”を提案すると必ず出てくるのが

「1個モノ買ったら1個手放せば家は綺麗な状態を保てるでしょう?」

それでは、必要最低限なモノで生活する状態を維持することも難しいんです!

生活をしていれば、自分の思惑とは関係なしにモノは家に入ってきます。

街角でもらうポケットティッシュや知人からのお土産etc

こういった自分の意思とは関係なく増えるモノに対応するには、“1イン2アウト”を実践し自然に減っていく状況を作っていくことが大切です。

 

“1イン2アウト”メリットその2 モノへの判断力が身に付く

モノを買う時に、より真剣に慎重に判断する様になるからです。

新しいモノを買うのであれば、自分が持っているモノを手放さなければなりません。

それも新しいモノ1個に対して2個手放さないといけないのです。

そうなると人間真剣に考えます。その時の頭の中はこうです。

「コレを買ったら、手持ちのモノを2個手放さないといけないけど、コレにはそこまでの価値はあるのか?」

すると余計な買い物はしなくなり、必要最低限のモノに囲まれた生活を維持しやすくなります。

 

“1イン2アウト”メリットその3 モノの集約化

“1イン2アウト”でモノを減らしていくと、自然と所有するモノには複数の役割・機能があるモノに集約されていきます。

1個新しいモノを手に入れる代わりに2個手放すのですから、機能・役割を多方面で担えるモノを選ぶ様になっていかなければ、不便な生活になってしまいます。

多機能なモノといえば、スマートフォンが代表格ですね。

スマートフォンにどれだけ役割を集約出来るかでもモノの集約が出来ます。

今までは鞄を〇〇用・△△用と区別して使っていたのも、両方の場面で使えるデザイン・機能の鞄を選んだりする様になっていきます。

考え方に機能・役割の統合が生まれてくるのです。

 

 

手放す事で学んでいく

勘違いして欲しくないのは、ミニマリストはモノの少なさを競う競技ではないという事。

ミニマリストを目指す道中で自分のモノを見直す癖を見つけることで、自分に「本当に必要なモノ」が分かる様になります。

特にメリットその2を実践していけば、自然とモノに対する考え方も学んでいけます。

学ぶためには、モノを手放す事を実践しなければ得られるモノではありません。

ミニマリスト・身軽でやりたいコトをやれる人生を過ごすには、モノの付き合い方を学んでいくのが大切です。

自分に適したモノの付き合い方を学びながら、モノを減らすにはおすすめの方法です!

 

以上、お読みいただきありがとうございました。