MINIMALIST-ミニマリスト-

【ミニマリスト】ミニマリズムは伝播する!

どうも、Poteです。

先日久しぶりに実家に帰ってみたら、マキシマリスト(簡単に言うとモノを多く所持している人)だった母が、ミニマリズムに目覚めてたんです!

今回はそんな母にどうして考えが変化したのか聞いてみました!

ミニマリストに憧れ始めた

きっかけは、私がミニマリストになったからだそうです。

しかし私がミニマリストに目覚めた直後はどちらかというと母は反対派。

そんなに処分して後々必要になったどうするの!?っと言った感じで、昔ながらのモノを大切にする=壊れるまで所持する、という価値観の持ち主でした。

しかし、最近は高齢者の運転事故や殺傷事件など物騒な世の中。

いつどうなってもいいように、身辺整理が必要だと思い、私が実践しているミニマリストを目指そうと思ったそうです。

身辺整理とミニマリストは寄り添っている!

私は正直親には自分で身辺整理を出来る内から進めてほしいと思っていました。

当人が亡くなった後に、身辺整理をしようとすると大変というのはよく聞く話です。

前もって大変と分かっているなら、少しでも解決してほしいと思うので、今回快く協力しました!

しかし母は身辺整理と言っても、まだ中年ぐらいなので、極端には進めませんでした。

今回主に処分対象になったのは、服と鞄、そして食器類です。

服は3mのクローゼットにぎっしり入っていたので、まずは今すぐに着れない服は処分することをおすすめしました。

実際そのクローゼットの中には20年前に購入したモノもあり、デザインが今風ではありませんでした。

ですが、今までしっかり保管する為に、防虫剤などはしっかり使用していた様なので、この辺はしっかりしてたみたいです。笑

そしてもう1つの基準として、1年間着ていない服は処分。と話しましたがそうなると数が膨大になるので、数回に分けて処理していくことに。

鞄に関しては、基本ジャンルは被らせない!

これはリュックは1アイテム。ショルダーも1アイテム。と各ジャンル持っていいのは1種類まで!

鞄に興味がそこまで無いのであれば、必要な量は最低限にするべき。

普段の行動範囲と服装からどのアイテムをレザーにして、このアイテムは軽い素材にするかを考えてもらいました。

食器類は引き出物など、御中元で貰った未開封は即売却しました。

食器類は自ら進んで購入したモノでないと、サイズがマチマチになり、収納が大変になるので、基本は即手放しましょう。

貰うペースに対して消費するペースは、遅いですから貯めがちですが、使わないモノを保管しておく必要はありません。

『貰いモノだから』という気持ちも分かりますが、贈り主も渡したモノで悩んでほしくないと思っていると思います。

だったら、売却して必要だと思う人の手に渡る方が気持ちがいいですよね。

ミニマリストは強要してはいけない!

ミニマリストあるあるですが、他人の所有物が気になってしまう。

この気持ちが悪化すると他人の所有物でも処分してしまう人もいますが、それはNGです!

他人のモノはその人のモノです。勝手に処分するのは犯罪です。

勝手に捨てはしないけど、強要するパターンもありますが、これもNGです。

必要なモノは人それぞれ。貴方からは不要だと思っても、当人には必要なモノかもしれませんよ。

もし、ミニマリストの生活が羨ましいモノに見えれば、人は変化するモノです。

無理に強要するのではなく、貴方がミニマリストの生活を楽しんでいれば、それが他人へ伝播していくと思っています。

最初は何事も模倣からです。

それでもし、相手がミニマリストについて相談してきたら、快く協力しましょう。

これが1番だと私は思います。

以上、お読みいただきありがとうございました。