Review

【レトロゲー好きのミニマリスト】GBAのおすすめゲームベスト5!

どうも、poteです。

今回は家に引きこもる時の相棒の代表「ゲーム」。

その中でも、私は今やレトロゲームとしてカテゴライズされる「ゲームボーイアドバンス(通称:GBA)の中でおすすめの作品を紹介したいと思います。

 

ミニマリストが選ぶGBAおすすめソフト!

このブログを訪れる人の中には、ゲームボーイアドバンスは「自分たちの世代だ!」って人もいると思います。

今回は私が子供時代&大人になってから実際に遊んだ作品の中から、おすすめを語っていきますよ。

ポケットモンスターエメラルド 

GBAのゲームソフトの中で、ダントツのプレイ時間を記録したのは、『ポケットモンスター エメラルド』

『ポケットモンスター ルビー/サファイア』のマイナーチェンジ版としての位置付けの作品。

やり込んだ原因は何と言っても、「バトルフロンティア」の存在です。

「バトルフロンティア」の内容は、普段の戦闘とは異なったルールで戦い、ボスを倒すというのが目的。

この「バトルフロンティア」では、変則的な戦闘とCOMとAIが強化され、難易度が高いのが魅力的でした。

未だにこの「バトルフロンティア」が好きで遊んでいるプレイヤーもいるぐらい完成度の高い作品になっています。

昔懐かしいポケモンを遊びたいなら、おすすめしたい作品の1本です。

Pote
Pote
秘密基地を作ったり、対戦をしたり思い出深い作品。。。

 

ロックマンエグゼ3 

GBAでのアクションゲームでは、最高クラスの『ロックマンエグゼ」シリーズ。

全6作品あるが、1番好きなのは『ロックマンエグゼ3(BLACK)』だ。

一説によると『ロックマンエグゼ3』でシリーズを完結する予定だったとも言われる様に、ゲームシステム面もストーリーも完成された作品になっています。

伏線好きな私としては1〜3で登場していた伏線を見事に回収されていたのは、子供時に驚いたのを覚えてる。

『ロックマンエグゼ6』もシリーズ最終作ということもあり、戦闘の楽しさなどを考えると候補に入れるか悩みました。

しかし4~6のストーリーの盛り上がり具合と、3の大団円を考えると見劣りを感じてしまったので、候補外ということにしました。

 

マジカルバケーション

この作品を好きだった理由は、パステルチックなグラフィックと絵本のキャラのような個性的な仲間がたくさんいること。

GBAのドット絵の中でも、抜きん出た雰囲気があり、今なおプレイしても楽しい思いにしてくれる作品の1つ。

ドラクエやFFとは違い、戦闘では基本魔法を使うのが特徴的。

そして仲間たちも使う属性が異なるので、適度に色々なキャラクターを使うことになったのも、仲間意識があって好きな要素だった。

ただ残念なのが、ハードルの高いやり込み要素。

リアルの友達と通信を繰り返すことなのだが、別々の100人と通信など当時でも無理な内容だった。

Pote
Pote
当時は自分を入れて4人しか持っていなかった。。。

そんなマイナス面もあるものの、根幹となるストーリーなどは面白い作品で難易度も良いバランスなので、おすすめの作品です。

 

キングダムハーツ チェインオブメモリーズ

スクウェア・エニックスとディズニーがタッグを組んだ大作ゲーム『キングダムハーツ』シリーズの2作目になる続編ソフトです。

『キングダムハーツ』シリーズの中でも異色なカードを使っての戦闘システムになっています。

カードが手札に無いと攻撃が出来ないなど、一風変わった戦闘システムですが、後半になると強力な技を連発できるようになるので、GBAの作品ながらアクションが派手なところが好きでした。

Pote
Pote
現在はPS4で全作リメイクされて綺麗な画質で遊べるようになってます。

 

 

桜国ガイスト

子供の時に興味があったが、買えなかった作品の『桜国ガイスト』

確かコロコロコミックに紹介ページがあり、ポケモンみたいなキャラクターがいっぱい登場していて「面白そう!」と思ったのを覚えています。

しかし今みたいにインターネット通販がなかった時代。トイザラスに売っていない作品は遊ぶ機会がありませんでした。

そんな作品を簡単に紹介すると和風テイストのポケモンです。

ポケモンでいうところのトレーナーがサムライ。

ポケモンがヤイバという位置づけになっているところ。

そしてそのサムライへの直接攻撃ができるのが最大の特徴。

仲間がまだいるのに、サムライが倒れれば、敗北という常に負ける可能性があるのが面白い。

大人になってこの作品を遊んで良かったと思うのは、やりこみが多くあり、そのほとんどが謎解き系ということ。

Pote
Pote
子供の時にやってれば、確実に遊び尽くせなかったね。

そして中二病チックなシステムでもあるオリジナル奥義作成。

奥義というのは、ヤイバとサムライが繰り出す必殺技のこと。

これを自分でオリジナルのネーミングで作れちゃうのが凄いですよね。

奥義演出には主人公のカットインも入るので、これでボス戦なんかを決めた時の気持ちよさは最高です。

 

まとめ

全体的に有名作品ばかりになってしまいましたね。

どうしても地方だったので、大きいゲームショップなどがなくて、有名作しか目に止まらなかったんだと思うんです。

大人になってからは、子供の時に買えなかったソフトで楽しんでます。

大人になった今だからこそ、幼少期に遊べなかった作品を遊ぶの感慨深いモノがありますよ。

ちなみにゲームがプレイしやすいのは、1番最初に発売された『ゲームボーイアドバンス』

ただ液晶にライトが備え付けられてない唯一のモデルなので、画面が暗いのが欠点。

 

次は『ゲームボーイアドバンスSP』

折りたたみ式の携帯ゲーム機になり、フロントライト式になったことで視認性が向上したモデル。ただ操作性は若干落ちてしまっている。

 

最後が私も愛用している『ゲームボーイミクロ』

ゲームボーイシリーズで最小サイズとなっており、一部で人気が高くなっておりプレミア価格になっている。

バックライト方式になったので、1番明るいモデルにもなっている。

ミニマリストが惚れたゲーム機【ゲームボーイミクロ】どうも、ミニマリストpoteです。 今回はミニマリストが惚れたゲーム機。 “ゲームボーイミクロ”をレビューしてみたいと思いま...

以上、お読みいただきありがとうございました。