LET GO-手放したモノ-

【レビュー】Magic Keyboardを使ってみて、使うのをやめた決定的な欠点

どうも、Poteです。

愛用のMacBookの外部キーボードとして、AppleのMagic Keyboardを3ヶ月使ってみましたが、結局売却しました!

現在のPC環境はMacBookに外部モニターを接続し、デュアルディスプレイ環境を構築しています。

その時には、MacBookをモニター下に置くのでキーボード位置が遠くなるので、外部キーボードを使っていました。

購入時にはApple同士の親和性は高いということで購入しました。

しかし、このキーボードがとにかく不満点があり、使い続けるのを断念。

 

快適なPC環境を求めてキーボードを購入

購入したきっかけは、プログラミングの学習をする際に、現在使用している MacBook(12インチ)では画面サイズが小さい為、外部モニターを購入。

外部モニターを導入した事で、MacBookに備え付けのキーボードが遠くなってしまったので、外部キーボードが必要になりました。

導入当初は、快適な環境を作ることができたと思っていました。。。

Bluetooth接続時の入力遅延がストレス

使うのをやめた1番の理由はこれです。入力遅延

使っているパソコンがMacBook(12インチ)なので、元々備え付けの接続端子はUSB-Cのみ。

それはモニターと接続するのに使っており、拡張機器を使っても、モニター以外に有線で使用する機器が増えると電力が足りないせいで、モニターが映らなくなるので、必然的にキーボードはBluetooth接続一択。

しかしこのBluetooth接続をすると、入力遅延が多発。画面に文字が現れず、5秒ほど待たないと入力されないといった状態によくなっていました。

これって凄いストレスなんですよね。元々はプログラミング学習の為に購入したのに、遅延が起こりすぎて使い物にならない始末。

もちろん毎日更新していたこのブログもMagic Keyboardを使っていましたが、遅延が頻発してMacBook単体で更新するようになるぐらいです。

解決策は単純で有線のキーボードを使えばいいのですが、先述した通り、携帯性を優先したMacBookでは難しいので、断念。

終わりに

現在は、MacBookに備え付けのキーボードのみで運用をしています。その代わりに使用する机自体のサイズを小さくして、パソコンとの距離を近くする事で、改善しました。

若干パソコンとの距離が近くなってしまいましたが、パソコンを操作する際の効率性を優先した結果です。

もし今後AppleからMacBookの新型が発売されなければ、MacBook Proになる可能性が高いので、その時には再度購入を検討したいと思います。

 

もしかしたらスマートフォンの性能向上と同様に、iPadOSの機能追加でパソコンが不要になれば、もっとに身軽になれるんですけどねー。

 

以上、お読みいただきありがとうございました。