Review

【AirPods第一世代】3年間使い続けて感じた感想

どうも、poteです。

2017年の3月に購入した「AirPods(第一世代)」。

使い始めて3年が経ちますが、最近少しガタが・・・

今回はガタが出るほど使い潰したAirPodsについての感想を紹介していきます。

(あくまでAirPodsを使い続けての感想になります。)

 

AirPodsを使い続けて感じたメリット

・充電が早い

・ペアリング(接続)がスムーズ

・モバイルバッテリーから充電できる

・ワイヤレスで首元スッキリ

 

充電が早い

AirPodsは15分の充電で3時間の再生が可能になる急速充電に対応しています。

Proは5分で1時間の再生が可能になりました。

出先で充電が切れても、ケースに入れておけば、ちょっとした時間でもまた音楽を再生してくれるのは、嬉しい。

付属のケースで4回以上の充電が出来るようになっている。

使っていない時はケースに充電が残っていれば、常に充電されているのは有り難い機能です。

 

ペアリング(接続)がスムーズ

Appleらしいところといえば、端末間の連携がストレスフリーという点。

iPhone、MacBookなどの端末を切り替えても、接続がスムーズなのは、地味に嬉しいポイントです。

Pote
Pote
Appleでデバイスをまとめてる理由は大半はこれ

 

モバイルバッテリーから充電ができる

旅先で嬉しいのは、モバイルバッテリーからも充電できること。

AirPodsはイヤホン部分をケースに収納し、ケースにLightningケーブルを使うことで充電ができます。

この充電には、大きい電力は必要ないので、モバイルバッテリーから充電ができるんです。

鞄の中に忍ばせている間に、充電が完了しているので、音楽好きには嬉しいですね。

 

ワイヤレスで首元スッキリ

有線のイヤホンを使ったことがある人は1度は経験しているであろう、「ケーブルが引っかかってしまう事件」

その他には「ケーブルが三つ編みのように捻れている事件」など有線ケーブルには様々な弊害がありました。

しかしそういった問題は、ワイヤレス(無線)になったことで解消されました。

created by Rinker
Apple(アップル)

 

AirPodsを使い続けて感じたデメリット

・連続再生は少し弱い

・価格が高い

連続再生は少し弱い

Airpodsの第一世代、第二世代の連続再生時間は最大5時間。

実際に使っていると、3〜4時間程度でバッテリーが切れるという印象です。

普段使いであれば、問題ない稼働時間です。

しかし新幹線や夜行バスの移動時に使おうとすると、バッテリーがほぼ切れますね。

他のメーカーが6〜7時間連続稼働なので、改善してほしい箇所です。

Pote
Pote
新潟から四国に行った際は、何度充電が切れたことか。。。

 

価格が高い

ワイヤレスイヤホンの中では、少し強気の値段設定のAirPods。

AirPods Pro 22,800円(税抜き)
AirPods第二世代 17,800円(税抜き)

ライバルメーカといえば、SONY。安価で有名なAnker。

Soundcore Liberty Air2(Anker) 9,590円(税込)
WF-1000XM3(SONY) 23,900円(税込)

これらのメーカーと比べると、値段が高めなのが明白ですね。

Pote
Pote
1〜2年単位で使えるので、そう考えれば安いかも

 

まとめ

ここまでAirPods第一世代を3年間使い続けてきた1ユーザーとして、感じたことをまとめてみました。

冒頭にも書きましたが、AirPodsにガタが出始めています。

しかし今のところ買い換える予定はありません。

それは学生時代比べて、音楽を聞く機会が減ったのが多いからです。

聞く場面は、車の運転中か家での作業中にスピーカーで流しているので、イヤホンの出番が無くなってしまってます。

そうは言っても、車を持っていなかったり、東京住みだったら確実に買っているイヤホンですね。

特にiPhoneを使い続けているなら、一択と言い切れるほどのイヤホンです。

学生の方や音楽を手放せないという人には、おすすめの一品なので、気になる方は購入してみましょう。

ちなみに今買うとしたなら、AirPods Pro一択かな。iPhoneユーザーなら特に。

 

created by Rinker
Apple(アップル)

 

以上、お読みいただきありがとうございました。